[Internet Explorer 11.0] SmartScreenフィルター機能を有効/無効にする方法

[セーフティ]メニューから操作を行います


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Internet Explorer 11.0(デスクトップ版)

説明

SmartScreenフィルター機能により、別のWebページに偽装している(フィッシング)可能性があるWebページを閲覧しようとしたときに警告が表示されます。
「Internet Explorer」では、この機能を自動的に動作するように設定することができます。 

目次

  • 操作方法

ImageSmartScreenフィルター機能を有効にする方法

ImageSmartScreenフィルター機能を無効にする方法


 

内容

  • 操作方法

ImageSmartScreenフィルター機能を有効にする方法

  1. 「Internet Explorer」を起動します。

  2. [Internet Explorer]画面が表示されるので、ツールボタンを選択し、[セーフティ]-[SmartScreen フィルター機能を有効にする]を選択します。

  3. [Microsoft SmartScreen フィルター機能]画面が表示されるので、[SmartScreen フィルター機能を有効にする]にチェックをつけ、[OK]ボタンを選択します。

    SmartScreen画像1

以上で操作は完了です。
この機能を有効にすることにより、表示しているWebページのURLがマイクロソフト社へ送信され、照合されます。


ImageSmartScreenフィルター機能を無効にする方法

  1. 「Internet Explorer」を起動します。

  2. [Internet Explorer]画面が表示されるので、ツールボタンを選択し、[セーフティ]-[SmartScreen フィルター機能無効にする]を選択します。

  3. [Microsoft SmartScreen フィルター機能]画面が表示されるので、[SmartScreen フィルター機能を無効にする]にチェックをつけ、[OK]ボタンを選択します。

    SmartScreen画像2

以上で操作は完了です。

ご注意

SmartScreenフィルター機能を無効にした場合、表示しているWebページが偽装されたページかどうかを自動的に確認することができません。
無効の状態で、偽装されたページかどうかを確認する場合は、手動でご確認ください。

  1. 「Internet Explorer」を起動します。
  2. [Internet Explorer]画面が表示されるので、ツールボタンを選択し、[セーフティ]-[このWebサイトを調べる]を選択します。
  3. 以下のメッセージ画面表示された場合は、[OK]ボタンを選択します。

    メッセージ内容:
    「WebサイトのアドレスはMicrosoftへ送信され、安全でないことが報告されているWebサイトのリストに照合されます。」
  4. 確認結果が表示されます。
    以下のようなメッセージ画面が表示された場合は、偽装されたページではありません。

    メッセージ内容:
    「SmartScreenフィルター機能により、このWebサイトを確認しましたが、脅威は報告されませんでした」


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム