[Windows 10]Microsoft Edge の修復とリセット


対象OS
Windows 10(Ver.1709以降)

説明

Windows 10 の標準ブラウザーであるMicrosoft Edge はInternet Explorer からさまざまな点が変更されています。
動作に不具合がある場合の修復・リセット方法もInternet Explorer から変更されており、
Microsoft Edge の動作に問題がある場合は下記の手順にて修復またはリセットを行って動作を確認してください。

【参考情報】

・「修復」:アプリのアドオンやCookie、履歴などは消えず、アプリのみの修復を行います。
・「リセット」:閲覧の履歴やCookie、設定を消去してMicrosoft Edge をリセットします。
 お気に入りは残ります。

「修復」の実行手順

  1. [設定]画面から[アプリ]を開きます。

  2. 左ペインにて[アプリと機能]を選択し、右ペイン内の[Microsoft Edge]をクリックします。


  3. 「Microsoft Edge」内の[詳細オプション]をクリックし、開いた画面の下部にスクロールします。


  4. 「リセット」内の[修復]を押します。

  5. 修復が完了すると修復ボタンの横にチェックマークがつきます。
    これでMicrosoft Edge の修復は完了です。


「リセット」の実行手順

  1. [設定]画面から[アプリ]を開きます。

  2. 左ペインにて[アプリと機能]を選択し、右ペイン内の[Microsoft Edge]をクリックします。


  3. 「Microsoft Edge」内の[詳細オプション]をクリックし、開いた画面の下部にスクロールします。


  4. 「リセット」内の[リセット]を押します。

  5. 「リセット」をクリックすると「このデバイス上のアプリのデータが、基本設定とサインインの詳細を含めて完全に削除されます。」と表示されるので、[リセット]ボタンを押します。

  6. リセットが完了するとリセットボタンの横にチェックマークがつきます。
    これでMicrosoft Edge のリセットは完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム