[Windows 7] システムの復元ポイントを手動で作成する方法

[システムのプロパティ]画面から作成します


説明

復元ポイントは、PCが機能している任意のとき、またはプログラムのインストールなどPCの動作が変わる可能性がある変更を追加する前など、必要に応じてユーザーが独自に作成できます。
作成した復元ポイントは、[システムの復元]で復元ポイントを選択する際の一覧に、作成された日付や時間、および指定した名前が表示されます。

目次

  • 事前確認

  • 操作方法


 

内容

  • 事前確認

以下の操作を行うには、管理者権限(Administrators)が必要です。
管理者ユーザー(コンピューターの管理者アカウントを持つユーザー)でログオンしてください。

また、標準ユーザーでログオンしている状態で操作を行うと、[ユーザー アカウント制御]画面が表示され、管理者アカウントのパスワードの入力を求められます。
パスワードを入力すると、操作を続行できます。

目次に戻る


  • 操作方法

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]を右クリックして[プロパティ]をクリックします。

    [スタート]メニュー

  2. [システム]画面が表示されるので、画面左側の[システムの保護]をクリックします。

    [システム]画面

  3. [システムのプロパティ]画面が表示されるので、[システムの保護]タブの[作成]ボタンをクリックします。

    [システムのプロパティ]画面

  4. [システムの保護]画面が表示されるので、任意の復元ポイントの名称を入力し、[作成]ボタンをクリックします。

    [システムの保護]画面

  5. 「復元ポイントは正常に作成されました。」と表示されるので、[閉じる]ボタンをクリックします。

    [システム保護対象]画面

  6. [OK]ボタンをクリックし、[システムのプロパティ]画面を閉じます。

    [システムのプロパティ]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム