[Windows 7] フラッシュメモリー機器を使用してPCを高速化する方法(ReadyBoost機能)

接続しているフラッシュメモリーの[プロパティ]画面で設定を行います


対象製品

Windows 7

説明

ReadyBoost(レディーブースト)機能により、USB2.0接続のフラッシュメモリーを使用してシステムメモリーを擬似的に拡張し、パフォーマンスを向上させることができます。
ReadyBoost対応機器は、USBフラッシュメモリーだけでなく、SDカードコンパクトフラッシュなども利用可能です。

ReadyBoostを利用して、PCの速度を効果的に上げるために推奨されるフラッシュメモリーの最小の空き容量は1GBです。
PCに搭載されているメモリーの少なくとも2倍、可能であれば4倍の空き容量を持つ、フラッシュメモリーのご使用をおすすめします。
1つのフラッシュメモリーで最大32GBの空き容量をReadyBoostに使用でき、最大8つのフラッシュメモリーを同じコンピューターに接続することで、合計で最大256GBの空き容量を使用できます。

目次

  • 操作方法

step_a_1[自動再生]画面の[システムの高速化]から行う方法

step_a_1[システムの高速化]が表示されない場合


内容

  • 操作方法

step_a_1[自動再生]画面の[システムの高速化]から行う方法

  1. PCにフラッシュメモリー機器を接続します。

  2. [自動再生]画面が表示されるので、[システムの高速化]をクリックします。

    [自動再生]画面

    参考

    [自動再生]画面が表示されない場合は、下記の手順をご参照ください。

    1. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]をクリックします。

    2. 接続したフラッシュメモリー機器のアイコンを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

     

  3. [プロパティ]画面が表示されるので、[Ready Boost]タブの[このデバイスを使用する]にチェックをつけ、スライダーを動かして、[システム速度のために予約する領域]を設定します。

    [プロパティ]画面

    参考 

    接続したフラッシュメモリーをReadyBoost専用で使用する場合には、[このデバイスを Ready Boost 専用にする]にチェックをつけます。

    • [このデバイスを Ready Boost 専用にする]を選択すると、すでにフラッシュメモリーに保存されているファイルは残されますが、残りの容量はWindowsシステムの速度向上に利用されます。

    [プロパティ]画面

     

  4. [OK]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。


step_a_1[システムの高速化]が表示されない場合

[自動再生]画面に[システムの高速化]が表示されない場合は、[Superfetch]サービスが停止している可能性があります。
下記の操作手順を参照し、[Superfetch]サービスを開始してください。

参考

SSDを搭載しているPCでは、ReadyBoost機能を使用しなくてもすでに高速なため、[自動再生]画面に[システムの高速化]が表示されない場合があります。
[プロパティ]画面の[ReadyBoost]タブには、下記のメッセージが表示されます。

メッセージ:
「このコンピューターのシステムディスクは十分に高速であるため、ReadyBoost が有効になっていません。
ReadyBoost でさらにパフォーマンスが向上する可能性は小さいと考えられます。」

[プロパティ]画面

 

以下の操作を行うには、コンピューターの管理者の権限が必要です。
コンピューターの管理者の権限を持つユーザーアカウントでログオンしてください。

また、標準ユーザーでログオンしている状態で操作を行うと、[ユーザー アカウント制御]画面が表示され、管理者アカウントのパスワードの入力を求められます。
パスワードを入力すると、操作を続行することができます。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[システムとメンテナンス]をクリックします。

    [コントロール パネル]画面

  3. [システムとセキュリティ]画面が表示されるので、[管理ツール]をクリックします。

    [システムとセキュリティ]画面

  4. [管理ツール]画面が表示されるので、[サービス]をダブルクリックします。

    [管理ツール]画面

  5. [サービス]画面が表示されるので[Superfetch]をダブルクリックします。

    [サービス]画面

  6. [Superfetch のプロパティ]画面が表示されるので、[全般]タブをクリックし、[サービスの状態]を確認します。
    [停止]になっている場合は、[開始]ボタンをクリックします。

    [Superfetch のプロパティ]画面

  7. [サービスの状態]が[開始]に変更されたら、[OK]ボタンをクリックします。

    [Superfetch のプロパティ]画面

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム