[Windows 7] ハードディスクの空き容量が定期的に減っていく

ハードディスクの容量は「システムの復元」のために消費されます


対象製品

Windows 7


内容

  • 説明

Windows 7では、システムの復元のために、最大15%の領域を使用することがあります。
そのため、特に大きなデータを保存したりしていなくても、Cドライブの空き容量は少なくなります。
ソフトウェアのインストールなど、システムに大きな変更が加えられた場合は、システムの復元ポイントが作成されますので、その分、空き容量が少なくなります。

参考

ディスククリーンアップを使用して、最新の復元ポイント以外のすべての復元ポイントを削除することができます。

▼関連Q&A:
[Windows 7] ディスククリーンアップを行う方法

リカバリー領域が設定されていることや、カタログ、および仕様書とWindows上では計算方法が異なっていることから、Cドライブの空き容量は少なく表示されます。

▼関連Q&A:
[VAIO_PC] ハードディスクやSSDの容量がOS、BIOS画面、カタログで記載が異なっている


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム