[Windows 7] Windows 7の概要

Windows 7の概要、および主な新機能について、項目ごとに説明します


対象製品

Windows 7

目次

  • 説明

step_a_1主なエディション

step_a_1Windows Vistaから削除された機能

step_a_1Windows 7の新機能

  • より高速で応答性の高いパフォーマンス

  • タスクバー、および全画面プレビューの強化

  • ノートPC向け機能の強化

  • ジャンプリスト

  • 検索機能の強化による検索対象の拡大と検索速度の向上

  • ウィンドウの操作方法の簡易化

  • デバイス管理の向上

  • Windowsホームグループ

  • 自分のスタイルに合ったテーマパッケージ

  • 問題の管理

  • 音楽とビデオの共有

  • Windows Touchの導入

  • Tablet PCサポートの強化

  • ライブラリ

step_a_1Windowsデスクトップの新機能

  • Aeroスナップ

  • Aeroシェイク

  • Aeroプレビュー

  • ガジェット

  • デスクトップの背景


内容

  • 説明

step_a_1主なエディション

Windows 7では、全部で6つのエディションがあり、搭載されている機能が異なります。

  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Starter

VAIOに搭載されているエディションは、Windows 7 Professionalのみになります。

Windows 7 Professionalはビジネス向けのエディションであり、ネットワーク、バックアップ、およびセキュリティーのニーズや、複数のPCやサーバーを導入している中小規模の企業やユーザーに適しています。

目次に戻る


step_a_1Windows Vistaから削除された機能

Windows Vistaの以下の機能は、Windows 7には含まれていません。

  • Windowsムービーメーカー
  • Windowsフォトギャラリー
  • Windowsメール
  • Windowsカレンダー
  • Windowsミーティングスペース

参考

上記の機能に代わる以下のソフトウェアは、マイクロソフト社のWebページよりダウンロードしてインストールすることができます。

  • Windows Liveムービーメーカー
  • Windows Liveフォトギャラリー
  • Windows Liveメール

Windows Liveダウンロード:
http://download.live.com/

目次に戻る


step_a_1Windows 7の新機能

  • より高速で応答性の高いパフォーマンス

Windows 7ではさまざまな機能強化により、Windows Vistaと比較してパフォーマンスが向上しています。
以下に、その具体例をいくつか示します。

  • システムサービス数の削減
  • CPU、ディスク、およびメモリーリソースに対するシステムサービスによる需要の低減
  • ドライバー初期化の並列処理の向上(複数のドライバーを同時にインストール可能)
  • 従来型のハードディスクとSSDの両方に最適化された高速なプリフェッチ

上記により、Windows 7では起動、シャットダウンスリープ状態からの再開がすばやく行われるようになり、応答速度が上がっています。

目次に戻る

  • タスクバー、および全画面プレビューの強化

画面下部のタスクバーを使用すると、開いているプログラムを切り換えることができます。
Windows 7では、タスクバーのアイコンが大きくなり、アイコンの順序を設定し、その順序でアイコンを表示できます。

タスクバーのアイコンを移動している画像

  • タスクバーのアイコンをドラッグして移動できます。

また、アイコンをポイントすると、対応するページやプログラムのプレビューが小さく表示されます。
このプレビューにマウスポインターを合わせると、全画面のプレビューが表示されます。
プログラム、またはファイルを開くには、アイコン、またはいずれかのプレビューをクリックします。

全画面プレビューしている画像

  • 開いている内容を全画面プレビューで確認できます。

目次に戻る

  • ノートPC向け機能の強化

Windows 7では、PCをしばらく使用しないままにすると、ディスプレイの明るさを落とすなどの省電力機能によって、ノートPCのバッテリー駆動時間を延長できます。
また、ノートPC向けに新たに搭載された「位置自動認識印刷」機能を使用すると、自宅から学校や職場に移動するだけで、既定のプリンターが自動的に切り替わります。

目次に戻る

  • ジャンプリスト

ジャンプリストを使用して、最近使用したファイルをすばやく見つけ出すことができます。
タスクバーのプログラムアイコンを右クリックすると、最近開いたファイルの一覧が表示されます。
定期的に使用するファイルをジャンプリストに固定表示することもできます。
一部のジャンプリストには、音楽やビデオの再生など、一般的なタスクのコマンドが表示されます。

  • 「Internet Explorer」のジャンプリスト

    「Internet Explorer」のジャンプリスト

  • 「Microsoft Office」のジャンプリスト

    Microsoft Office Excel 2007」のジャンプリスト

目次に戻る

  • 検索機能の強化による検索対象の拡大と検索速度の向上

検索機能が強化され、以前のバージョンのWindowsよりも広い範囲を対象に、より多くの項目をより速く検索できるようになりました。
検索欄に文字入力するだけで、ドキュメント、画像、音楽、メールなど、該当する項目の一覧が表示されます。
検索結果はカテゴリー別にグループ分けされ、確認しやすいようにキーワードが強調表示されます。

Windows 7では、外付けハードディスク、ネットワーク上のPC、その他の場所も検索できます。
また、以前の検索条件に基づいて推奨案が表示されるため、すばやく検索することができます。
膨大な量の検索結果が表示された場合も、新しい動的フィルターを使用して、日付やファイルの種類などのカテゴリー別に検索結果を絞り込むことができます。

▼関連Q&A:
[Windows 7] ファイルやフォルダーを検索する方法

目次に戻る

  • ウィンドウの操作方法の簡易化

Windows 7では、デスクトップ上のウィンドウを簡単に操作できるようになっています。
ウィンドウの開閉、サイズ変更、配置を従来より直感的に行えるようになりました。
ウィンドウの枠を画面上端にドラッグするとウィンドウが最大化し、画面上端からドラッグして離すと元のサイズに戻ります。
ウィンドウの下辺をドラッグすると、垂直方向に拡大します。

詳細なウィンドウの操作方法については、■Windowsデスクトップの新機能をご参照ください。

目次に戻る

  • デバイス管理の向上

    • デバイスとプリンター

      Windows 7では、[デバイスとプリンター]画面だけで、プリンターや電話などの各種機器をすべて接続、管理、利用することができます。
      この画面から、機器の操作、ファイルの参照、各種設定の管理を行うことができます。
      機器をPCに接続したら、後は数回クリックするだけで使い始めることができます。

      [デバイスとプリンター]画面

    • Device Stage

      Device Stageでは、PCに接続されている携帯電話、カメラ、プリンター、MP3プレーヤーなどの機器を管理できます。
      互換性のある機器を接続すると、その機器の状態と、一般的なタスクの一覧と機器の画像が表示されます。

      [Device Stage]画面

目次に戻る

  • Windowsホームグループ

Windowsホームグループを使用すると、Windows 7を実行する他のPCに簡単に接続し、家庭内でファイル、写真、音楽、プリンターを共有できます。
詳細については、下記関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 7] ホームグループを作成する方法

目次に戻る

  • 自分のスタイルに合ったテーマパッケージ

Windows 7のデスクトップの初期画面はクリーンな状態で、好みに応じて外観を変更できます。
テンプレート(テーマ)が用意されており、色や形式を選択できます。

新しいテーマパッケージには、豊富な背景、16色のウィンドウの色、サウンド設定、スクリーンセーバーが含まれています。
新しいテーマをダウンロードしたり、好みに合ったテーマを作成したりして、家族や友人と共有できます。
さまざまな方法で自分のスタイルに合うデスクトップ作りを楽しめます。

目次に戻る

  • 問題の管理

Windows 7では、表示するメッセージを選択できます。
アクションセンターには、Windows Defenderなど、Windowsの各種機能からの通知がまとめて表示されます。
Windows 7では、ユーザーによる確認が必要な通知事項については、通知領域にアクションセンターのアイコンが表示されます。
このアイコンをクリックすると、詳しい情報が表示されるしくみになっています。
警告をすぐに確認する時間がなくても、アクションセンターに情報が保持されているため、後で確認できます。

[アクション センター]画面

目次に戻る

  • 音楽とビデオの共有

Windows 7に新たに搭載されたメディア共有機能とストリーミング機能により、PCがホームエンターテイメントの「ハブ」になります。
ホームグループを使用して、Windows 7を実行する他のPCと音楽、画像、ビデオを簡単に共有できます。
また、別の新機能[リモート再生]を使用すると、家庭内の他の機器でデジタルコンテンツを再生できます。

目次に戻る

  • Windows Touchの導入

キーボードとマウスは多くの作業に適していますが、常に最も簡単な操作手段であるとは限りません。
タッチスクリーンを利用している場合は、PCの画面に触れるだけで、より直接的かつ自然な方法で作業できます。
指を使ってスクロールやズーム操作を行います。
スタートメニューとタスクバーのタッチ認識領域が広く、Windows Touchが使いやすくなっています。

スクリーンキーボードについては、下記関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 7] スクリーンキーボードの概要・設定方法

目次に戻る

  • Tablet PCサポートの強化

Windows 7では、手書き認識が大きく前進しています。
認識精度や認識速度の向上を始めとして、ペン入力がさまざまな点で強化されています。
手書き認識用のユーザー辞書を独自に作成し、Windows 7でサポートされている新たな言語を使用できます。
新採用の数式入力パネルを使用して数式を入力したり、タブレットペンを使用して付箋にメモを走り書きしたりすることもできます。

目次に戻る

  • ライブラリ

Windows 7では、ライブラリを使用して、ファイルの保存場所に関係なく、ファイルを種類別に整理したり、ファイルを開いたりできます。

ライブラリには、さまざまな場所にあるファイルが実際の保存場所から移動することなく、1つのコレクションとしてまとめられて表示されます。
4個の既定のライブラリ(ドキュメント、ミュージック、ピクチャ、およびビデオ)がありますが、他のコレクション用に新しいライブラリを作成できます。
ドキュメント、ミュージック、ピクチャの各ライブラリは、既定でスタートメニューに表示されます。
スタートメニューの他の項目と同じように、ライブラリの追加や削除、またはライブラリの外観のカスタマイズができます。

[ライブラリ]画面

目次に戻る


step_a_1Windowsデスクトップの新機能

Windowsデスクトップの新機能によって、複数のウィンドウの整理や管理がさらに簡単になります。
開いている複数のウィンドウを簡単に切り換えることができるので、重要なプログラムやファイルに集中できます。

  • Aeroスナップ

Aeroスナップを使用すると、簡単なマウス操作でデスクトップ上のウィンドウの整列やサイズ変更ができます。
Aeroスナップを使用して、ウィンドウをデスクトップの端に揃えたり、画面の高さいっぱいにまで縦に拡張したり、デスクトップ全体を完全に覆うように最大化したりできます。
Aeroスナップは、2つのドキュメントを比較したり、2つのウィンドウ間でファイルのコピーや移動をする場合、または作業中のウィンドウを最大化したり、スクロールしなくても済むように、長いドキュメントのウィンドウを拡張して読みやすくする場合などに特に便利です。

Aeroスナップの画像

  • デスクトップの端にウィンドウをドラッグすると、画面の半分の大きさに拡張されます。

Aeroスナップを使用するには、開いているウィンドウのタイトルバーをデスクトップの片側にドラッグして揃えるか、デスクトップの上部にドラッグしてウィンドウを最大化します。
Aeroスナップを使用してウィンドウを縦に拡張するには、ウィンドウの上端をデスクトップの上部にドラッグします。

目次に戻る

  • Aeroシェイク

Aeroシェイクを使用すると、デスクトップ上で開いているすべてのウィンドウのうち、作業中のウィンドウ以外のウィンドウをすばやく最小化できます。
開いたままにしておくウィンドウのタイトルバーをクリックし、揺らす(シェイクする)ようにドラッグするだけで、他の開いているウィンドウが最小化されます。
最小化したウィンドウを元の状態に戻すには、もう一度開いているウィンドウをシェイクします。

Aeroシェイクの画像

  • ウィンドウをシェイクして、他のすべてのウィンドウを最小化します。

目次に戻る

  • Aeroプレビュー

Aeroプレビュー機能を使用すると、すべてのウィンドウを最小化せずにデスクトップをすばやくプレビューできます。
また、タスクバー上のアイコンをポイントすることで、開いているウィンドウをプレビューできます。

  • デスクトップをプレビューする

    [デスクトップの表示]ボタンが、[スタート]ボタンからタスクバーの反対側に移動しました。
    誤ってスタートメニューを開くことがなくなり、ボタンのクリックやポイントが簡単になりました。

    [デスクトップの表示]ボタン

    [デスクトップの表示]ボタンをクリックするとデスクトップに移動しますが、[デスクトップの表示]ボタンをポイントするだけで、デスクトップを一時的に表示してプレビューできます。
    タスクバーの端にある[デスクトップの表示]ボタンをポイントすると、開いているすべてのウィンドウが非表示になり、デスクトップが表示されます。
    再びウィンドウを表示するには、マウスを[デスクトップの表示]ボタン以外の場所に移動します。
    この機能は、デスクトップのガジェットをすばやく表示する場合や、開いているすべてのウィンドウをいったん最小化して再び復元したくない場合に便利です。

    デスクトッププレビューの画像

    • プレビューを使用してデスクトップをすばやく表示します。
       
  • デスクトップ上で開いているファイルをプレビューする

    Aeroプレビューを使用すると、クリックして現在作業中のウィンドウから離れなくても、開いている他のウィンドウの内容をすばやく確認できます。

    全画面プレビューしている画像

    • 開いているウィンドウをタスクバーの縮小表示を使用してプレビューします。

目次に戻る

  • ガジェット(本機能は現在サポートしておりません)

デスクトップ上のどこにでもガジェットを表示できるようになりました。
また、Aeroプレビュー機能を使用すれば、作業中のウィンドウを最小化したり閉じたりせずに、デスクトップガジェットを一時的に表示できます。

【ご注意】

ガジェットは廃止になりました
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/gadgets

目次に戻る

  • デスクトップの背景

デスクトップの背景が1つの画像だけに制限されることがなくなりました。
Windows 7では、画像のスライドショーを表示できます。
また、個人で集めた画像から独自のスライドショーを作成できます。

▼関連Q&A:
[Windows 7] 壁紙を設定する方法

目次に戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム