[Windows 7] 「Windows Defender」の自動スキャンの設定を変更する方法

「Windows Defender」の[オプション]画面で設定を行います


説明

「Windows Defender」の初期設定では、以下のようにPC上でスパイウェアを自動スキャンする設定になっています。

  • 頻度:毎日
  • おおよその時刻:2:00
  • 種類:クイックスキャン

目次

  • 事前確認

  • 操作方法


内容

  • 事前確認

以下の操作を行うには、コンピューターの管理者の権限が必要です。
コンピューターの管理者の権限を持つユーザーアカウントログオンしてください。

また、標準ユーザーでログオンしている状態で操作を行うと、[ユーザー アカウント制御]画面が表示され、管理者アカウントのパスワードの入力を求められます。
パスワードを入力すると、操作を続行することができます。


  • 操作方法

  1. [スタート]ボタンをクリックして、[プログラムとファイルの検索]欄に[defender]と入力し、表示された検索結果から「Windows Defender」をクリックします。

    検索結果

  2. 「Windows Defender」が起動するので、[ツール]をクリックします。

    [Windows Defender]画面

  3. [ツールと設定]画面が表示されるので、[オプション]をクリックします。

    [ツールと設定]画面

  4. [オプション]画面が表示されるので、[コンピューターを自動的にスキャンする]にチェックがついていることを確認し、[頻度]、[おおよその時刻]、[種類]を任意の内容に設定を変更します。

    [オプション]画面

    参考

    以下の選択ができます。

    • 頻度
      [毎日]、または[日曜日]~[月曜日]のうちいずれかを指定することができます。

    • おおよその時刻
      [0:00]~[23:00]のうちいずれかを指定することができます。

    • 頻度
      [クイック スキャン]、または[フル スキャン]を指定することができます。

      • クイックスキャン:
        ハードディスク上で、スパイウェアに感染する可能性が最も高い場所をスキャンします。
      • フルスキャン:
        ハードディスク上のすべてのファイルと、現在実行中のすべてのソフトウェアをスキャンします。

     

  5. 設定が完了したら、[保存]ボタンをクリックします。

    [オプション]画面

以上で操作は完了です。
[ツールと設定]画面に戻り、設定した内容で自動スキャンが実行されます。

[ツールと設定]画面


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム