[Internet Explorer 11.0] JavaScriptを有効/無効にする方法

[インターネット オプション]画面より設定を行います


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Internet Explorer 11.0

目次

  • 事前確認

  • 操作方法

JavaScriptを有効/無効にする方法

内容

  • 事前確認

WebページによってはJavaScriptの設定が無効になっていると、正常に表示できない、ログイン認証が行えないなどの現象が発生する場合があります。
その場合は、再度JavaScriptを有効に設定してください。


  • 操作方法

JavaScriptを有効/無効にする方法

  1. 「Internet Explorer」を起動します。

  2. 画面の右上にある[ツール]ボタンを選択し、[インターネット オプション]を選択します。

    [Internet Explorer]画面

  3. [インターネット オプション]画面が表示されるので、[セキュリティ]タブを選択し、[セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。]欄の[インターネット]を選択します。

    [インターネット オプション]画面

  4. [このゾーンのセキュリティのレベル]にある[レベルのカスタマイズ]ボタンを選択します。

    [インターネット オプション]画面

  5. [セキュリティ設定 - インターネットゾーン]画面が表示されるので、[設定]の一覧に表示されている[スクリプト]-[アクティブ スクリプト]項目の[有効にする]、または[無効にする]にチェックをつけます。

    [セキュリティ設定 - インターネットゾーン]画面
    ※ 上記は、JavaScriptを有効にする場合の画像です。

  6. [OK]ボタンを選択します。

  7. 「このゾーンの設定を変更しますか?」という警告画面が表示されるので、[はい]ボタンを選択します。

    [警告]画面

  8. [インターネット オプション]画面の[OK]ボタンを選択して画面を閉じます。

  9. Windowsを再起動します。

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム