[Internet Explorer 11.0] 通常使用するブラウザー(既定のブラウザー)に設定する方法

「Internet Explorer」の起動時、または[インターネット オプション]画面から設定できます


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Internet Explorer 11.0(デスクトップ版)

対象OS
Windows 8.1

目次

  • 操作方法

「Internet Explorer」の起動時に設定する方法

[インターネット オプション]画面から設定する方法

  • 参考情報


内容

  • 操作方法

「Internet Explorer」の起動時に設定する方法

  1. 「Internet Explorer」を起動します。

  2. [Windows 用に作られたブラウザーをお試しください]画面が表示されるので、[既定のブラウザーに設定する]ボタンを選択します。
    [Windows 用に作られたブラウザーをお試しください]画面が表示されない場合は、[インターネット オプション]画面から設定する方法をご参照ください。

    [Internet Explorer]画面

  3. [この種類のリンク(http)を開くには、どのアプリを使いますか?]画面が表示されるので、「Internet Explorer」を選択します。

    [Internet Explorer]画面

以上で操作は完了です。


[インターネット オプション]画面から設定する方法

  1. 「Internet Explorer」を起動します。

  2. 画面の右上にあるツールボタンを選択し、表示されたメニューから[インターネット オプション]を選択します。

    [Internet Explorer]画面

  3. [インターネット オプション]画面が表示されるので、[プログラム]タブを選択し、[Internet Explorer の開き方]の[Internet Explorer を既定のブラウザーにします。]を選択します。

    [インターネット オプション]画面

    参考

    既定のブラウザーに設定されている場合は、[Internet Explorer を既定のブラウザーにします。]の項目は表示されません。

  4. [既定のプログラムを設定する]画面が表示されるので、[プログラム]欄から[Internet Explorer]を選択し、[すべての項目に対し、既定のプログラムとして設定する]を選択して[OK]ボタンを選択します。

    [既定のプログラムを設定する]画面

  5. [既定のプログラム]画面が表示されるので、[×](閉じる)ボタンを選択します。

    [既定のプログラム]画面

  6. [インターネット オプション]画面に戻るので、[OK]ボタンを選択します。

    参考

    [インターネット オプション]画面の[詳細設定]タブで、[Internet Explorer が既定の Web ブラウザーでない場合は通知する]にチェックをつけておくと、次回以降は「Internet Explorer」の起動時に設定する方法の手順で設定できます。

    [インターネット オプション]画面

     

以上で操作は完了です。

参考情報

既定のブラウザーを「Internet Explorer」以外に設定した場合、Windowsストアアプリの「Internet Explorer」は起動できません。
スタート画面から、Windowsストアアプリの「Internet Explorer」を選択しても、デスクトップ版の「Internet Explorer」が起動します。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム