[Microsoft Office] ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)の概要

 不正コピーを防止するための技術です

 

対象製品

アプリケーションソフトウェア
Office 2013

目次

  • 説明

Imageライセンス認証の概要

Image「Office 2013」について


 内容

  • 説明

Imageライセンス認証の概要

ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正コピーを防止するための技術で、手続きは、短時間で簡単に実行できます。
また、この手続きは匿名で行われるので、お客様の個人情報は保護されております。

ご注意 

ライセンス認証については、マイクロソフト社のサポートとなります。


Image「Office 2013」について

「Office 2013」は、初回起動時にプロダクトキーの入力、およびライセンス認証が必要です。
インターネットに接続されている場合、ライセンス認証は自動で行われますが、インターネットに接続されていない場合は、電話でのライセンス認証が必要です。
また、リカバリー(再セットアップ・初期化)後などにインストールする際も、プロダクトキーの入力、およびライセンス認証が必要となります。

ご注意 

インストールしてから、30日間はライセンス認証を行わずに使用することができます。
30日を過ぎると機能が制限され、機能制限モードに切り替わります。
また、機能制限モードになった後でもライセンス認証を行うことができ、認証後は通常の機能を使用できます。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム