[Windows Liveメール] Windowsメールのメールデータをインポート(復元)する方法

[プログラムの選択]画面から[Windows メール]をクリックし、インポートします


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Windows Liveメール
Windowsメール

説明

「Windows Liveメール」では、「Windowsメール」のメールデータをインポート(復元)することができます。

目次

  • 操作方法

メールデータをバックアップする方法

「Windows Liveメール」に「Windowsメール」のメールデータをインポート(復元)する方法


内容

  • 操作方法

メールデータをバックアップする方法

  1. バックアップデータを保存するためのフォルダーを作成します。

    • ここでは例として、デスクトップ上に[バックアップ]というフォルダーを作成します。
  2. [スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]-[Windows メール]をクリックします。

  3. 「Windowsメール」が起動するので、[ファイル]メニューをクリックし、[エクスポート]-[メッセージ]をクリックします。

    [ファイル]メニュー画面

  4. [プログラムの選択]画面が表示されるので、[Microsoft Windows メール]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

    [プログラムの選択]画面

  5. [メッセージの場所]画面が表示されるので、[参照]ボタンをクリックします。

    [メッセージの場所]画面

  6. [電子メールメッセージをエクスポートする場所を選択してください。]画面が表示されるので、任意で作成した保存先フォルダーを指定し、[フォルダの選択]ボタンをクリックします。

    • ここでは例として、作成したデスクトップ上の[バックアップ]フォルダーを指定します。

    [電子メールメッセージをエクスポートする場所を選択してください。]画面

    ご注意

    エクスポート先のフォルダーに何かデータが保存されていると、下記のエラーメッセージが表示されます。

    エラーメッセージ:
    「エクスポート先のディレクトリは、空である必要があります。
    空のディレクトリを選択して、もう一度実行してください。」

    エラーメッセージ画面

    エクスポート先のフォルダーは、空にしてください。

  7. [メッセージの場所]画面に戻るので、保存場所が指定されたことを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

    [メッセージの場所]画面

    • 上記は、[VAIO]というユーザーの場合の例です。
      [VAIO]の部分は、ユーザー名が入ります。
  8. [フォルダの選択]画面が表示されるので、[すべてのフォルダ]にチェックをつけて、[次へ]ボタンをクリックします。

    [フォルダの選択]画面

  9. [エクスポートの完了]画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    [エクスポートの完了]画面

  10. エクスポートしたメールデータを、インポート(復元)するPCと共通して使用可能なCD/DVDメディア、またはリムーバブルディスクなどの外部メディアに保存します。

以上でメールデータのバックアップは完了です。

ご注意

「Windows Liveメール」を使用しなくなった場合などに、「Windows Liveメール」のアカウントを削除すると、そのアカウントで送受信を行ったメールや送信済みメールなど、メールデータが消えてしまいます。
「Windows Liveメール」のアカウントを削除する場合は、必ず上記の手順でメールデータのバックアップを行ってください。


「Windows Liveメール」に「Windowsメール」のメールデータをインポート(復元)する方法

  1. メールデータをインポート(復元)したいユーザーアカウントでログインします。

  2. 「Windows Liveメール」を起動します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] アプリを起動する方法
    [Windows 7] ソフトウェアを起動する方法

  3. 「Windows Liveメール」が起動するので、[Windows Liveメール]ボタンをクリックし、[メッセージのインポート]をクリックします。

    [Windows Liveメール]画面

  4. [プログラムの選択]画面が表示されるので、[Windows メール]をクリックし、[次へ]ボタンをクリックします。

    [プログラムの選択]画面

  5. [メッセージの場所]画面が表示されるので、[参照]ボタンをクリックします。

    [メッセージの場所]画面

    • 上記は、[VAIO]というユーザーの場合の例です。
      [VAIO]の部分は、ユーザー名が入ります。
  6. [フォルダーの参照]画面が表示されるので、メールデータがある任意の保存場所を指定し、[OK]ボタンをクリックします。

    • ここでは例として、あらかじめバックアップした[バックアップ]フォルダーを選択します。

    [フォルダーの参照]画面

  7. [メッセージの場所]画面に戻るので、保存場所が指定されたことを確認し、[次へ]ボタンをクリックします。

    [メッセージの場所]画面

  8. [フォルダーの選択]画面が表示されるので、[すべてのフォルダー]にチェックをつけ、[次へ]ボタンをクリックします。

    • インポートするフォルダーを選択する場合には、[選択されたフォルダー]にチェックをつけ、フォルダーを選択します。
      複数のフォルダーを選択する場合は、キーボードの[Ctrl]キーを押しながら、選択したいフォルダーをクリックします。

    [フォルダーの選択]画面

  9. [インポートの完了]画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックします。

    [インポートの完了]画面

  10. [Windows Liveメール]画面に戻るので、[保存フォルダー]をクリックし、[インポートされたフォルダー]が表示されたことを確認します。

    [Windows Liveメール]画面

  11. [インポートされたフォルダー]内のフォルダーを、必要に応じて対応するフォルダーに移動します。

    参考

    [インポートされたフォルダ]内の[Local Folders]のフォルダーは、それぞれ下記に対応しています。

    インポートされたフォルダー内のフォルダー 対応するフォルダー
    Deleted Items ごみ箱
    Drafts 下書き
    Inbox 受信トレイ
    Junk E-mail 迷惑メール
    Outbox 送信トレイ
    Sent Items 送信済みアイテム

以上でメールデータのインポートは完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム