[Windows 10] 「Windows Defender」を有効/無効にする方法

対象製品

Windows 10

説明

Windows 10 の「Windows Defender」 を使用すると、ウイルス、スパイウェア、およびマルウェア(悪意のあるソフトウェア)から、リアルタイムで保護できます。

【ご注意】

Windows Defender は他社製のセキュリティソフトがインストールされていると動作しません。
他社製セキュリティソフトの有効期限が切れてWindows Defender を有効にしたい場合は、先に他社製セキュリティソフトをアンインストールしてから以下の作業を行ってください。

操作方法

  • 「Windows Defender」 を有効にする方法

  1. [スタート]ボタンを選択します。

  2. スタートメニューが表示されるので、[設定] を選択します。

    Image

  3. 「設定」画面が表示さますので、[更新とセキュリティ] を選択します。

    Image

  4. 「更新とセキュリティ」画面が表示されるので、画面左から[Windows Defender]を選択し、画面右側にある[Windows Defender セキュリティセンターを開きます]を選択します。

    Image

  5. [Windows Defender セキュリティセンター]が表示されるので、「ウイルスと驚異の防止」 を選択します。

    Image

  6. [ウイルスと驚異の防止の設定] の画面が表示されるので、「ウイルスと驚異の防止の設定」 を選択します。

    Image

  7. 「リアルタイム保護」のスイッチをオン/オフに設定します。

    Image

  • 以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム