[Windows 8.1] Windows 8.1(Windows 10ライセンス付)モデルのリカバリーメディアを作成する方法

対象製品

以下のWindows 8.1モデル(Windows 10 Proライセンス付)

VJS111*シリーズ
VJS131*シリーズ


内容

  • 注意事項

  • リカバリーメディアを作成すると、USBフラッシュメモリーに保存されているデータはすべて削除されます。
    USBフラッシュメモリーにデータが保存されている場合は、事前にバックアップを行ってください。
  • リカバリーメディアとしては、USB 2.0規格対応のUSBフラッシュメモリーを使用できます。
  • USB 3.0規格対応のUSBフラッシュメモリーでは、リカバリーできない場合があります。必ず、USB 2.0規格対応のUSBフラッシュメモリーを使用してください。
  • USBフラッシュメモリーは、機種によって必要な容量が違います。お手元の製品を確認いただき、以下を参照のうえ、ご用意ください。
    VJS131*シリーズ、VJS111*シリーズ … 16 GB以上、32 GB以下

  • CD/DVDなどのディスクを使用して、リカバリーメディアを作成することはできません。
  • 必要となるUSBフラッシュメモリーの容量は、[USBフラッシュドライブの接続]画面にて確認できます。
  • リカバリーメディアを作成後に、ファイルやフォルダーの追加、または削除を行うと、リカバリー(再セットアップ・初期化)が実行できません。
  • リカバリーメディアを作成する際は、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しない設定にしてください。
  • リカバリーメディアを作成する際は、セキュリティーアプリなどの常駐アプリを一時的に停止してください。
  • 作成したリカバリーメディアは、作成の際に使用したVAIOでしか使うことができません。
  • ハードディスク/SSD上の空き容量が少ない場合は、リカバリーメディアの作成はできません。
  • 必ずACアダプターを接続してからリカバリーメディアを作成してください。
  • セキュリティー機能を搭載したUSBフラッシュメモリーは、複数のドライブやパーティションとして認識されることがあります。その場合は、リカバリーデータを作成、および保存する機能が制限されることがあります。詳細については、USBフラッシュメモリーの取扱説明書をご参照ください。


  • Windows 10 Proのリカバリーメディアを作成する

  1. スタートボタンをクリックします。
  2. ↓(下矢印)ボタンを選択します。

    Image

  3. アプリ一覧から、[VAIO Recovery Media Creator]を選択します。

    Image

  4. [次のプログラムにコンピュータへの変更を許可しますか?]画面が表示されるので、[はい]を選択します。
    [Windows 10]を選択し、[次へ]を選択します。

    Image

  5. USBフラッシュメモリーを接続し、検出されたドライブを確認後、[次へ]を選択します。

    Image

  6. [作成開始]を選択します。リカバリーメディアの作成が開始されます。

    Image

    【ご注意】

    リカバリーメディアの作成には数十分かかる場合があります。作成中に電源を切ったり、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しないようにしてください。

     

  7. 「リカバリーメディアの作成が完了しました」画面が表示されるので、[OK]を選択します。

    Image

    以上で作業は終了です。

    以上でリカバリーメディアの作成は完了です。
    USBフラッシュメモリーにラベル名を記載するか、USBフラッシュメモリーとラベル名を記載したメモを一緒に保管してください。

 



 

・Windows 8.1 Proのリカバリーメディアを作成する

 
  1. スタートボタンを選択します。

  2. ↓(下矢印)ボタンを選択します。

    Image

  3. アプリ一覧から、[VAIO Recovery Media Creator]を選択します。

    Image

  4. [次のプログラムにコンピュータへの変更を許可しますか?]画面が表示されるので、[はい]を選択します。
    [Windows 8.1]を選択し、[次へ]を選択します。

    Image

  5. 「回復ドライブ」画面が表示されるので、[回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。]のチェックボックスにチェックが入っていることを確認した上で、[次へ]を選択します。
    Image

    【ご注意】

     [回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。]のチェックボックスがグレーアウトしてチェックが入らない場合は、リカバリー領域が存在しないか正常でない可能性があります。この場合、「回復ドライブ」を作成してもリカバリー領域のバックアップが行えないため、「回復ドライブ」からWindowsを再インストールすることができません。

  6. [USB フラッシュ ドライブの接続]画面が表示されるので、データを保存するUSBフラッシュメモリーを接続します。

    回復ドライブ画面2

     接続したUSB機器の画面が表示された場合は画面を閉じてください。作成に必要な容量は、機種により異なります。表示された容量より大きめの容量のUSBフラッシュメモリーを使用してください。

  7. [USBフラッシュドライブの選択]画面が表示されるので、接続したUSBフラッシュメモリーが表示されていることを確認したうえで、[次へ]を選択します。

    回復ドライブ画面3

  8. [回復ドライブの作成]画面が表示されるので、[作成]を選択してください。リカバリーメディアの作成が開始されます。

    回復ドライブ画面4

    リカバリーメディアの作成には数十分かかる場合があります。作成中に電源を切ったり、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しないようにしてください。

  9. [回復ドライブの準備ができました]画面が表示されるので、[完了]を選択してください。

    回復ドライブ画面5

  • [回復パーティションを削除します]はクリックして実行しないでください。回復パーティションを削除すると、ハードディスク/SSD内のリカバリーイメージを使用しての 「PCのリフレッシュ」、および「PCを初期状態に戻す」が実行できなくなります。


以上でリカバリーメディアの作成は完了です。
USBフラッシュメモリーにラベル名を記載するか、USBフラッシュメモリーとラベル名を記載したメモを一緒に保管してください。




フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム