[VJA121*][VJPA11*] バッテリー充電仕様について


対象機種


VJA121*
VJPA11*
※いずれもワイヤレスキーボードユニット使用時のみ

説明

VJA121/VJPA11 はバッテリーを使用する際に、なるべくタブレット本体のバッテリー残量を多く保つように使用方法が工夫されています。

※キーボード内蔵バッテリー優先使用:タブレット内蔵バッテリーを減らさないために、キーボード内蔵バッテリーは残量が2%になるまで優先的に使用されます
※タブレット内蔵バッテリー優先充電:USB Power Delivery対応充電器で充電する場合、タブレット内蔵バッテリーを先に充電します
※キーボード内蔵バッテリーから充電:キーボード内蔵バッテリーの残量がある場合は、そのバッテリーを使用してタブレット内蔵バッテリーを充電します

また、タブレット内蔵バッテリーを充電する場合には、3つの方法があります。
それぞれの方法で充電を行う場合の挙動と注意点を記載します。


付属のACアダプター(VJ8AC10V9)での充電

 VAIOを使用中の場合   VAIOがスリープ/シャットダウンしている場合 
 タブレット内蔵バッテリーとキーボード内蔵バッテリーの充電を
 同時に行います
 タブレット内蔵バッテリーとキーボード内蔵バッテリーの充電を
 同時に行います



USB Power Delivery(USB PD)対応充電器での充電

 充電器の出力   VAIOを使用中の場合   VAIOがスリープ/シャットダウンしている場合 
 45W以上  タブレット内蔵バッテリーとキーボード内蔵バッテリーの
 充電を同時に行います
 タブレット内蔵バッテリーとキーボード内蔵バッテリーの
 充電を同時に行います
 45W未満
 27W以上
 先にタブレット内蔵バッテリーの充電を行い、
 タブレット内蔵バッテリーの残量が80%に達した後に
 キーボード内蔵バッテリーの充電を始めます(*1)
 先にタブレット内蔵バッテリーの充電を行い、
 タブレット内蔵バッテリーの残量が80%に達した後に
 キーボード内蔵バッテリーの充電を始めます(*1)
 27W未満
 15W以上
 タブレット内蔵バッテリーの充電のみを行い、
 キーボード内蔵バッテリーの充電は行いません
 先にタブレット内蔵バッテリーの充電を行い、
 タブレット内蔵バッテリーの残量が80%に達した後に
 キーボード内蔵バッテリーの充電を始めます(*1)
 15W未満  キーボード内蔵バッテリーの残量が2%以下の場合に
 タブレット内蔵バッテリーを充電します(*2)
 タブレット内蔵バッテリーのみ充電を行います
*1 いたわり充電の設定を有効にし、50%に設定している場合のみタブレット内蔵バッテリーが50%に達してから、キーボード内蔵バッテリーの充電を行います。
*2 キーボード内蔵バッテリーの残量が2%以上ある場合は、キーボード内蔵バッテリーでタブレット内蔵バッテリーの充電を行います。



■5Vアシスト充電(USB Power Delivery(USB PD)非対応) での充電

5Vアシスト充電とは?

「5Vアシスト充電」は、スマートフォン向けの小型5Vモバイルバッテリーや充電器で、VAIOに給電・充電できるようにする機能です(使用状況によっては消費電力が、給電速度を上回るケースがあります)。

  • USB Power Delivery非対応の一般的なUSB充電機器を用いて「5Vアシスト充電」が可能です。

  • 5Vアシスト充電を利用することで、VAIO本体のバッテリーの消費を抑え、駆動時間を延長することができます。

  • USB Battery Charge1.2対応充電機器からの充電は、[VAIOの設定] から受給電電流(1.0A/1.5A)を設定できますが、 充電機器からの受給電電流が1.5A以上あっても充電に利用可能な最大値は1.5Aとなります。



ご注意
  • 5Vアシスト充電時はVAIO本体の充電ランプは点灯しますが、Windows 通知領域の電源アイコンはバッテリー駆動のアイコンになります。

  • USB Battery Charge 1.2 対応充電機器をご使用になる場合は充電機器の定格出力を確認し、受給電電流を適切に設定ください。

  • USB Battery Charge 1.2 非対応充電機器からは5V/0.5Aにて充電を行います。

  • 5Vアシスト充電では、バッテリーが0%の状態からVAIO本体を起動することはできません。

  • 5Vアシスト充電では、キーボード内蔵バッテリーを充電することはできません。

 VAIOを使用中の場合   VAIOがスリープ/シャットダウンしている場合 
 キーボード内蔵バッテリーの残量が2%以下の場合に
 タブレット内蔵バッテリーを充電します(*1)
 タブレット内蔵バッテリーのみ充電を行います
*1 キーボード内蔵バッテリーの残量が2%以上ある場合は、キーボード内蔵バッテリーでタブレット内蔵バッテリーの充電を行います。



フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム