[VJPH11*, VJPG11*, VJPF11*, VJS152*, VJS132*, VJS112*] SMBIOS仕様変更について

■対象機種

VAIO Pro PH(VJPH11)、VAIO Pro PG(VJPG11)、VAIO Pro PF(VJPF11)
VAIO S15(VJS152)、VAIO S13(VJS132)、VAIO S11(VJS112)


 

■説明

2018年10月より、上記対象機種にてSMBIOS(System Management BIOS)の仕様変更がされています。


 

■仕様変更の内容

SMBIOS に設定する値が以下のように変更になります。

 Structure/Offset   Name   変更前   変更後 
 System Information
  (Type 1) 05h
 Product Name(*1)  Familyと同じ6桁。
 ex)VJPG11
 本体シール記載のモデル名
 ex)VJPG11C11N
 Baseboard Information
 (Type 2) 05h
 Baseboard Product(*2)  固定文字列 “VAIO”  弊社内管理コード
 ex)VV002002A
     *1 Win32_ComputerSystem WMI class – Model (string)
     *2 Win32_BaseBoard WMI class – Product (string)

 

■Product Name機種別変更内容

 機種   無線WAN   変更前   変更後 
 VAIO Pro PH(VJPH11)  無し  VJPH11  VJPH11C11N
 VAIO S15(VJS152)  無し  VJS152  VJS152C11N
 VAIO Pro PF(VJPF11)  搭載  VJPF11  VJPF11C12N
 VAIO Pro PF(VJPF11)  非搭載  VJPF11  VJPF11C11N
 VAIO S11(VJS112)  搭載  VJS112  VJS112C12N
 VAIO S11(VJS112)  非搭載  VJS112  VJS112C11N
 VAIO Pro PG(VJPG11)  搭載  VJPG11  VJPG11C12N
 VAIO Pro PG(VJPG11)  非搭載  VJPG11  VJPG11C11N
 VAIO S13(VJS132)  搭載  VJS132  VJS132C12N
 VAIO S13(VJS132)  非搭載  VJS132  VJS132C11N

 

■仕様変更後に対応が必要なお客様

WMI(Windows Management Instrumentation)を経由し、該当するSMBIOS 情報を利用するソフトウェア等をご利用の場合、影響を受ける可能性がございます。
同一シリーズの弊社製品をご利用のお客様で、10月1日以降の生産分と、それ以前の弊社製品が混在する場合、当該PCを見分けるために、新たに対応が必要になることがございます。
なお、今後の弊社製品におきましては、弊社製品のシリーズを特定されたい場合には、SMBIOS情報として以下の Family をご利用になることを、推奨いたします。

 Structure/Offset   Name   仕様 
 System Information
  (Type 1) 1Ah
 Family(*1)  弊社シリーズを示す6桁の文字列が設定されております。
 ex)VJPG11
*1 Win32_ComputerSystem WMI class – SystemFamily (string)
 

■製品上から確認できる変化点

VAIOの設定 / 画面下の[モデル名]

BIOSセットアップメニュー / [VAIO レスキューモード]画面

BIOSセットアップメニュー / System Information


 

■WMI(Windows Management Instrumentation)への影響

SMBIOS System Information (Type 1) 05h Product Nameの内容変更により、WMIコマンドにより得られる情報が変わります。

影響を受けるコマンド:

wmic ComputerSystem get Model
wmic csproduct get Name

上述のように、10月1日以降の生産分とそれ以前の弊社製品が混在する場合、当該PCの特定にWMIコマンドを利用されている場合は、以下のコマンドのご利用をご検討ください。

wmic ComputerSystem get SystemFamily


 

■systeminfoへの影響

SMBIOS System Information (Type 1) 05h Product Nameの内容変更により、systeminfoツールにより得られる情報が変わります。

影響を受ける項目:

システム モデル
systeminfoツールをご利用の場合、10月1日以降の生産分とそれ以前の弊社製品を同一として扱うためには、システムモデル 先頭6文字判別に使うなどをご検討ください。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ