[Windows 10] タブレットモードの設定

対象

Windows 10

説明

タブレットモードは、一般的なキーボードやマウスでの操作ではなく「タッチ」での操作がメインとなる場合に有効なモードです。
Windows 10 の機能であるため、タブレット型PCではない場合でも設定できます。

タブレットモードをオンにすると、デスクトップ画面は表示されずスタートメニューが全画面表示になったような表示になり、アプリも全画面で表示されます。

  • デスクトップモード

  • タブレットモード

  • タブレットモード利用時は、通常のマウスやキーボードでの操作も可能です。
  • タブレットモード利用時は、入力フォームをタッチすると、タッチキーボードが起動します。
  • タブレットモード中に起動したアプリは、上から下にスワイプすると終了できます。


タブレットモードのON/OFF手順

  1. デスクトップ画面、タスクバーの右端にある「アクションセンター」アイコンをクリックします。

  2. アクションセンターが表示されるので、「タブレットモード」タイルをクリックします。

    • タブレットモードが「ON」の状態

    • タブレットモードが「OFF」の状態


タブレットモードの設定を変更する

【参考情報】

「タブレットモード」では、以下の設定を変更・設定できます。
  • サインイン時の動作
  • デバイスがタブレットモードのオンとオフを自動的に切り替えるとき
  • タブレットモードではタスクバーのアイコンを非表示にする
  • タブレットモードでタスクバーを自動的に隠す

  1. スタートボタンを押し「設定」を開きます。
  2. 「システム」をクリックします。

  3. 画面左側のメニューから「タブレットモード」を選択し、画面右側にある設定項目を、利用用途に応じて設定してください。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム