[Windows 8.1] 音声の出力先をデジタル出力に変更する方法

[サウンド]画面で音声の出力先を変更します


対象製品

Windows 8.1

  • HDMI出力端子を搭載しているモデル

目次

  • 操作方法

音声の出力先を変更します

サンプリング周波数を変更します


 

内容

  • 操作方法

音声の出力先を変更します

HDMI出力端子に接続したテレビ(TV)から音声を出力する場合は、音声の出力先を変更する必要があります。
下記を参照し、設定を変更してください。

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] [コントロール パネル]画面を表示する方法

  2. [コントロールパネル]画面が表示されるので、[ハードウェアとサウンド]を選択します。

    [コントロールパネル]画面

  3. [ハードウェアとサウンド]画面が表示されるので、[サウンド]の[オーディオ デバイスの管理]を選択します。

    [ハードウェアとサウンド]画面

  4. [サウンド]画面が表示されるので、音声を出力したい機器のアイコンを選択し、[既定値に設定]ボタンを選択します。

    参考

    アイコンの名称は、ご使用のモデルにより異なります。

    • 以下の名称は一例です。
    • HDMI出力端子の場合

      • インテル(R)ディスプレイ用オーディオ 
      • デジタルオーディオ(HDMI)
  5. [OK]ボタンを選択し、画面を閉じます。

以上で操作は完了です。


サンプリング周波数を変更します

HDMI OUTに対応した機器(テレビ、またはAVアンプなど)がサポートしているサンプリング周波数などは、接続している機器によって異なります。
対応したサンプリング周波数にあわせてください。

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロールパネル]画面が表示されるので、[ハードウェアとサウンド]を選択します。

    [コントロールパネル]画面

  3. [コントロールパネル]画面が表示されるので、[サウンド]の[オーディオ デバイスの管理]を選択します。

    [ハードウェアとサウンド]画面

  4. [サウンド]画面が表示されるので、接続している機器のアイコンを選択し、[プロパティ]ボタンを選択します。

  5. [(接続機器)のプロパティ]画面が表示されるので、[詳細]タブを選択し、[既定の形式]欄の下向きの三角のボタンを選択して、接続した機器がサポートしているサンプリング周波数を選択します。

  6. [OK]ボタンを選択し、画面を閉じます。

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム