[Windows 8.1] コマンドプロンプトを管理者権限で起動する

「コマンドプロンプト」とは、コマンド(コンピュータに対する命令)を入力して、Windowsの操作や設定をおこなうためのツールです。

対象製品

Windows 8.1


コマンドプロンプトを起動する手順は幾つかあります。
特定のコマンドを実行する時に管理者権限が必要な場合があり、その場合は「コマンドプロンプト(管理者)」を使用して操作します。

管理者権限のあるコマンドプロンプトを起動すると、以下のツールが起動します。
画面上部に「管理者:」と表示されていれば、管理者権限で起動できています。

【参考情報】

管理者権限でコマンドプロンプトを起動する際「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示される場合は「はい」を選択します。


操作方法

検索して起動する

  1. スタート画面右上にある検索ボタンを選択します。
  2. 表示された検索バーに「コマンドプロンプト」と入力し、検索結果に「コマンドプロンプト」が表示されるので右クリックして、「管理者として実行」を選択します。


アプリ一覧から起動する

  1. スタート画面を表示して、画面左下部にある「↓」矢印を選択します。

  2. 表示されたアプリ一覧から「コマンドプロンプト」を右クリックします。

  3. 表示されたメニューから「管理者として実行」を選択します。


クイックアクセスから起動する

  1. スタートボタンを右クリックします。
  2. 表示されたメニューの中から 「コマンドプロンプト(管理者(A)」を選択します。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム