[Windows 10][Windows 8.1] IPアドレスの設定方法

  • DHCPサーバーを利用した接続でIPアドレス・DNSサーバーのアドレスを自動取得に設定する方法について。
  • IPアドレス・DNSサーバーアドレスを手動で設定する方法(固定にする方法)について。

対象製品

Windows 8.1
Windows 10

目次

  • 事前確認
  • 操作方法

内容

【事前確認】

IPアドレス、DNSサーバーのアドレスとも[自動的に取得する]に設定し、適切なIPアドレスを自動で割り振られるようにするのが一般的ですが、プロバイダーや接続環境により、手動で設定が必要な場合があります。
IPアドレスやDNSサーバーのアドレスを手動で設定する必要があるかどうかは、ネットワークの管理者やインターネットプロバイダーにご確認ください。

  • Windows 8.1およびWindows 10では、初期設定で自動的に取得する設定になっています。

操作方法

※画像はWindows 8.1です。

  1. [Windows] キーと[X] キーを同時に押下し、開いたメニューから[コントロール パネル]画面を表示します。

  2. [コントロール パネル]画面が表示されるので、[ネットワークとインターネット]の[ネットワークの状態とタスクの表示]を選択します。

    [コントロール パネル]画面

  3. [ネットワークと共有センター]画面が表示されるので、画面左側の[アダプターの設定の変更]を選択します。

    [ネットワークと共有センター]画面

  4. [ネットワーク接続]画面が表示されるので、設定を行う接続アイコンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

    • ここでは例として[Wi-Fi]を選択します。

    [ネットワーク接続]画面

  5. [Wi-Fi のプロパティ]画面が表示されるので、[ネットワーク]タブの[この接続は次の項目を使用します]から、[インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]を選択し、[プロパティ]ボタンを選択します。

    [Wi-Fi のプロパティ]画面

  6. [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ]画面が表示されるので、以下の操作を行います。

    [インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)のプロパティ]画面

    • IPアドレスを手動で設定する場合
      [次の IP アドレスを使う]にチェックをつけ、設定するアドレスを入力します。

    • IPアドレスを自動取得する場合
      [IP アドレスを自動的に取得する]にチェックをつけます。

    • DNSサーバーアドレスを手動で設定する場合
      [次の DNS サーバーのアドレスを使う]にチェックをつけ、設定するアドレスを入力します。

    • DNSサーバーアドレスを自動取得する場合
      [DNS サーバーのアドレスを自動的に取得する]にチェックをつけます。

  7. [OK]ボタンを選択し、すべての画面を閉じます。

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム