[Windows 10] HDRを有効にする

対象

VJS154*
VJZ141*

※4K HDR対応パネル搭載モデルのみ対象

目次


HDRとは

HDR(ハイダイナミックレンジ)とは、従来のSDRよりも明るさの幅をより広い範囲で表現できる表示技術です。
HDR対応動画や、ゲームなどのコンテンツを楽しむことができます。
動画やゲームなどのHDR対応コンテンツを視聴するには、Windows 10 のHDRの設定をONにする必要があります。

【参考情報】

HDRの設定については、以下のマイクロソフト社のページも参照ください。
Windows 10 の HDR と WCG の色設定


操作方法

HDRを有効にする

※本操作は、ACアダプターが接続されていることが前提です。

  1. 下記の関連Q&A を参照し「設定」画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 10] 「設定」と「コントロールパネル」画面を表示する方法

  2. 「設定」画面が表示されたら、[システム] 、[ディスプレイ] の順に選択します。
    ※PC に複数のディスプレイが接続されている場合は、[ディスプレイの選択と整理] で HDR 対応ディスプレイを選択します。

  3. [Windows HD Color 設定] を選択します。

  4. 「Windows HD Color 設定」画面にある [ディスプレイの機能] で、[HDR を使用する] の横に [はい] と表示されていることを確認します。

  5. [HDR を使用する]をオンにします。

    【ご注意】

    HDRをオンまたはオフに切り替えるとディスプレイが数秒、切り替えのためにブラックアウトします。

目次へ戻る


バッテリー駆動時にHDRを有効にする場合

バッテリー駆動中にHDRコンテンツをONにしようとすると、初期設定では設定ボタンがグレーアウトして、HDRを有効にできません。

その場合は、以下の手順の操作が必要です。

操作方法
  1. 下記の関連Q&A を参照し「設定」画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 10] 「設定」と「コントロールパネル」画面を表示する方法

  2. 「設定」画面が表示されたら、[システム] 、[ディスプレイ] の順に選択します。
    ※PC に複数のディスプレイが接続されている場合は、[ディスプレイの選択と整理] で HDR 対応ディスプレイを選択します。

  3. [Windows HD Color 設定] を選択します。

  4. 以下の画像のように [バッテリーのオプション] で、[バッテリ使用時は HDR のゲームとアプリを許可しない] にチェックがはいっていますので、チェックボックスをクリックして、チェックを外してオフにします。

  5. チェックが外れたら、画面左上部の「←」ボタンをクリックして「ディスプレイ」設定画面のTOPに戻ります。
    グレーアウトしていた「HDRを使用する」ボタンがアクティブになり、オンにすることができるようになります。

    【ご注意】

    HDRをオンまたはオフに切り替えるとディスプレイが数秒、切り替えのためにブラックアウトします。
    バッテリー駆動時にHDR再生を続ける場合は、バッテリー残量にお気をつけ下さい。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム