[Windows 8.1][Windows 10] Windowsのスタートアップ修復(自動修復機能)を使用する方法

Windows 8.1, Windows 10 でWindowsの「スタートアップ修復」機能を使用する方法について説明します

説明

自動修復機能は、Windowsのシステムファイルが壊れた場合や、正しく構成されていない、などの問題により、Windows が正常に起動ができない場合に利用します。
スタートアップ修復を実行すると、PCの問題を診断して自動的に修復します。


操作方法

  1. PCの電源が入っている場合は、電源を切ります。

  2. VAIO がシャットダウンされている状態で[F3]もしくは[F4]ボタン(VJZ12A* シリーズは、本体右側の[+]もしくは[-]の音量ボタン)を押しながら電源ボタンを押します。

  3. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので[トラブルシューティング(リカバリー)を開始]または[VAIO のリカバリー機能を開始]を選択します。

  4. [キーボード レイアウトの選択]画面が表示された場合は[Microsoft IME]を選択します。

  5. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

  6. [トラブルシューティング]画面が表示されるので[詳細オプション]を選択します。

  7. [詳細オプション]画面が表示されるので[スタートアップ修復]を選択します。

  8. 「続けるにはアカウントを選んでください」と表示されるので、使用しているユーザー名を選択します。

  9. 「このアカウントのパスワードを入力してください。」と表示されるので、パスワードを設定している場合は入力し、設定していない場合はそのまま[続行]を選択してください。

  10. 「PCを診断中」とメッセージが表示され自動修復が実行されるので、完了するまでしばらく待ちます。

    ※状況にもよりますが、数分~数十分かかる場合があります。

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム