[Windows 8.1] IMEに登録した単語のバックアップ/復元する方法

 

関連

「*.dic」ファイル、および「*.txt」ファイル形式でバックアップします


対象製品

Windows 8.1

目次

  • 事前確認

  • 操作方法

バックアップする方法

  • 「*.dic」ファイル(ユーザー辞書)の場合

  • 「*.txt」ファイル(テキスト形式)の場合

復元する方法

  • 「*.dic」ファイル(ユーザー辞書)の場合

  • 「*.txt」ファイル(テキスト形式)の場合


 

内容

  • 事前確認

以下の操作を行うには、ファイルの拡張子が表示される設定になっている必要があります。
ファイルの拡張子を表示する方法については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8.1] ファイルの拡張子を表示する方法


  • 操作方法

バックアップする方法

  • 「*.dic」ファイル(ユーザー辞書)の場合

  1. [Microsoft IME の設定]画面を表示します。

    • IMEアイコンが表示されている場合
      IMEアイコンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

      IMEアイコンのメニュー画面

    • IME言語バーが表示されている場合
      IME言語バーの[ツール]ボタンを選択し、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

      言語バーのメニュー画面

  2. [Microsoft IME の設定]画面が表示されるので、[詳細設定]ボタンを選択します。

    [Microsoft IME の設定]画面

  3. [Microsoft IME の詳細設定]画面が表示されるので、[辞書/学習]タブを選択し、[ユーザー辞書]欄の[辞書名]のファイル名(*.dic)を確認して、メモしておきます。

    • パスが長く、すべてが表示されない場合は、ボックス内を選択したあと、[→](右矢印)キーを数回押して確認をしてください。

    [Microsoft IME の詳細設定]画面

  4. [ユーザー辞書]欄の[参照]ボタンを選択します。

    [Microsoft IME の詳細設定]画面

  5. [ユーザー辞書の設定]画面が表示されるので、上記手順3.でメモしたファイル名と同じ「*.dic」ファイルを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[コピー]を選択します。

    [ユーザー辞書の設定]画面

  6. バックアップ先の任意のフォルダーにコピーします。

    • ここでは例として、VAIOに接続したUSBフラッシュメモリー(Fドライブ)に作成した[バックアップ]フォルダーに「backup.dic」という名前で保存します。
    1. [コンピューター]画面を表示します。

    2. [リムーバブルディスク(F:)]をダブルクリックして(タッチパネルの場合はダブルタップして)、作成した[バックアップ]フォルダーを開きます。

    3. [ホーム]メニューを選択し、[貼り付け]を選択します。

    4. コピーされた「*.dic」ファイルを選択し、キーボードの[F2]キーを押して、「backup.dic」という名前に変更します。

     

  7. [キャンセル]ボタンを選択し、[ユーザー辞書の設定]画面を閉じます。

以上でユーザー辞書のバックアップは完了です。
「backup.dic」ファイルをVAIOのハードディスクに保存している場合は、必要に応じて外部メディアに保存します。

目次に戻る

  • 「*.txt」ファイル(テキスト形式)の場合

  1. [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面を表示します。

    • IMEアイコンが表示されている場合
      IMEアイコンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[ユーザー辞書ツール]を選択します。

      IMEアイコンのメニュー画面

    • IME言語バーが表示されている場合
      IME言語バーの[ツール]ボタンを選択し、表示されたメニューから[ユーザー辞書ツール]を選択します。

      言語バーのメニュー画面

  2. [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面が表示されるので、[ツール]メニューを選択し、[フィルター]を選択します。

    • 学習結果(学習単語)を含めない場合は、手順4へ進んでください。

    [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面

  3. [フィルター]画面が表示されるので、[登録種別]欄の[学習単語]にチェックをつけ、[実行]ボタンを選択します。

    [フィルター]画面

  4. [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面に戻るので、[ツール]メニューを選択し、[一覧の出力]を選択します。

    [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面

  5. [一覧の出力:単語一覧]画面が表示されるので、画面で任意の保存場所を指定し、[保存]ボタンを選択します。

    • ここでは例として、VAIOに接続したUSBフラッシュメモリー(Fドライブ)に作成した[バックアップ]フォルダーに[ime.txt]という名前で保存します。
    1. [一覧の出力:単語一覧]画面の[保存する場所]で、[コンピューター]を選択します。

    2. [リムーバブルディスク(F:)]をダブルクリックして(タッチパネルの場合はダブルタップして)、作成した[バックアップ]フォルダーを開きます。

    3. [ファイル名]欄に「ime.txt」と入力し、[保存]ボタンを選択します。

      [一覧の出力:単語一覧]画面

  6. 一括出力が終了し、[一覧の出力]画面が表示されるので、[終了]ボタンを選択します。

    [一覧の出力]画面

以上でテキスト形式でのバックアップは完了です。
「ime.txt」ファイルをVAIOのハードディスクに保存している場合は、必要に応じて外部メディアに保存します。

目次に戻る


復元する方法

  • 「*.dic」ファイル(ユーザー辞書)の場合

  1. バックアップした辞書ファイルをコピーします。

    • ここでは例として、Fドライブに作成した[バックアップ]フォルダーに保存した「backup.dic」ファイルをコピーする手順を記載します。
    1. [コンピューター]画面を表示します。

    2. [リムーバブルディスク(F:)]をダブルクリックして(タッチパネルの場合はダブルタップして)、[バックアップ]フォルダーを開きます。

    3. 「backup.dic」ファイルを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[コピー]を選択します。

  2. [Microsoft IME の設定]画面を表示します。

    • IMEアイコンが表示されている場合
      IMEアイコンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

      IMEアイコンのメニュー画面

    • IME言語バーが表示されている場合
      IME言語バーの[ツール]ボタンを選択し、表示されたメニューから[プロパティ]を選択します。

      言語バーのメニュー画面

  3. [Microsoft IME の設定]画面が表示されるので、[詳細設定]ボタンを選択します。

    [Microsoft IME の設定]画面

  4. [Microsoft IME の詳細設定]画面が表示されるので、[辞書/学習]タブを選択し、[ユーザー辞書]欄の[参照]ボタンを選択します。

    [Microsoft IME の詳細設定]画面

  5. [ユーザー辞書の設定]画面が表示されるので、画面上で右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[貼り付け]を選択します。

    [ユーザー辞書の設定]画面

  6. 復元する辞書ファイルを選択し、[開く]ボタンを選択します。

    [ユーザー辞書の設定]画面

  7. [Microsoft IME の詳細設定]画面に戻るので、[ユーザー辞書]の[辞書名]欄に、復元したい辞書ファイル名が表示されていることを確認し、[OK]ボタンを選択します。

    [Microsoft IME の詳細設定]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る

  • 「*.txt」ファイル(テキスト形式)の場合

  1. [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面を表示します。

    • IMEアイコンが表示されている場合
      IMEアイコンを右クリックし(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[ユーザー辞書ツール]を選択します。

      IMEアイコンのメニュー画面

    • IME言語バーが表示されている場合
      IME言語バーの[ツール]ボタンを選択し、表示されたメニューから[ユーザー辞書ツール]を選択します。

      言語バーのメニュー画面

  2. [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面が表示されるので、[ツール]メニューを選択し、[テキスト ファイルからの登録]を選択します。

    [Microsoft IME ユーザー辞書ツール]画面

  3. [テキスト ファイルからの登録]画面が表示されるので、任意の場所に保存した「*.txt」ファイルを選択します。

    • ここでは例として、Fドライブに作成した[バックアップ]フォルダーに保存した「ime.txt」ファイルを選択する手順を記載します。
    1. [テキスト ファイルからの登録]画面の[ファイルの場所]で、[コンピューター]を選択します。

    2. [リムーバブルディスク(F:)]をダブルクリックして(タッチパネルの場合はダブルタップして)、作成した[バックアップ]フォルダーを開きます。

    3. 「ime.txt」ファイルを選択し、[開く]ボタンを選択します。

      [テキスト ファイルからの登録]画面

  4. 一括登録が終了し、[テキスト ファイルからの登録]画面が表示されるので、[終了]ボタンを選択します。

    [テキスト ファイルからの登録]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム