[Windows 8.1] タスクバーを自動的に隠す方法

[タスク バーを自動的に隠す]を有効に設定してください


対象製品

Windows 8.1

説明

初期の設定では、タスクバーは常に表示されるようになっています。
設定を変更することにより、タスクバーを使用しない限り画面の端に隠すことができます。
タスクバーを表示したい場合には、隠れている部分にマウスのポインターをあわせると(タッチパネルの場合は画面の下端をタップすると)、タスクバーが表示されます。

目次

  • 操作方法

  • 参考情報


内容

  • 操作方法

  • 画像はモデルにより異なる場合があります。
  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] [コントロール パネル]画面を表示する方法

  2. [コントールパネル]画面が表示されるので、[デスクトップのカスタマイズ]を選択します。

    [コントールパネル]画面

  3. [デスクトップのカスタマイズ]画面が表示されるので、[タスク バーとナビゲーション]、または[タスク バー]を選択します。

    [デスクトップのカスタマイズ]画面

  4. [タスク バーとナビゲーションのプロパティ]画面、または[タスク バーのプロパティ]画面が表示されるので、[タスク バー]タブの[タスク バーを自動的に隠す]にチェックをつけます。

    [タスク バーのプロパティ]画面

  5. [OK]ボタンを選択します。

以上で操作は完了です。

 

参考情報

[タスク バーとナビゲーションのプロパティ]画面、または[タスク バーのプロパティ]画面は、タスクバーの何もないところを右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから[プロパティ]を選択して表示することもできます。

右クリックメニュー


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム