[Windows 7] ディスクのエラーチェック(スキャンディスク)の方法

[スタート]メニューにはスキャンディスクがありません。スキャンディスクを行うドライブのプロパティ画面から行います


対象製品

Windows 7

目次

  • 操作方法

  • 参考情報


 

内容

  • 操作方法

  • 以下の操作を行うには、コンピューターの管理者の権限が必要です。
    コンピューターの管理者の権限を持つユーザーアカウントでログオンしてください。
  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]をクリックします。

  2. [コンピューター]画面が表示されるので、スキャンディスクを行うドライブを右クリックし、[プロパティ]をクリックします。

    [コンピューター]画面

  3. [(任意のドライブ名) のプロパティ]画面が表示されるので、[ツール]タブをクリックし、[エラー チェック]内の[チェックする]ボタンをクリックします。

    [プロパティ]画面

  4. [ディスクのチェック - (任意のドライブ名)]画面が表示されるので、[ファイル システム エラーを自動的に修復する]にチェックをつけ、[開始]ボタンをクリックします。

    • 完全なスキャンを実行する場合は、スキャン時間が非常に長くなりますが、[不良セクターをスキャンし、回復する]にもチェックをつけてください。
      このスキャンでエラー等が表示された場合は、ハードウェアに何らかの問題が発生している場合があります。スキャンしたディスク内のデータのバックアップを行ってください。

    [ディスクのチェック - (任意のドライブ名)]画面

以上で操作は完了です。

目次に戻る


参考情報

目的のドライブが使用中の場合は、以下のメッセージが表示されます。

メッセージ:
「ディスク使用中にそのディスクを検査できません。
次回コンピューター起動時にハードディスクのエラーを検査しますか?」

メッセージ画面

[ディスク検査のスケジュール]ボタンをクリックすると、システムの次回再起動時にディスクチェックが実行されます。
ドライブがNTFSフォーマットされている場合は、自動的にすべてのファイルトランザクションがログに記録され、不良クラスタが置き換えられ、NTFSボリューム上のすべてのファイルのキー情報のコピーが格納されます。

目次に戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム