[Microsoft IME] 顔文字の入力方法

顔文字を使いたいときにIMEツールバーの変換モードを切り替える方法と、あらかじめIMEの設定を変更し、常に顔文字を使えるようにする方法があります


対象製品

アプリケーションソフトウェア
Microsoft IME

目次

  • 操作方法

顔文字を使いたいときに設定する方法

常に顔文字が使えるように設定する方法


内容

  • 操作方法

顔文字を使いたいときに設定する方法

IMEツールバー(言語バー)で変換モードを切り替えることによって、「かお」と入力して変換したときに顔文字が変換候補に表示される設定にします。

参考

Windows 8.1では下記の操作をしなくても顔文字が入力できます。
文字を入力するソフトウェアで「かお」を入力して変換をすると顔文字の候補が表示されます。

  1. 文字を入力するソフトウェアを起動します。

  2. IMEツールバー(言語バー)の[変換モード]ボタンをクリックし、[話し言葉]、[話し言葉優先]をクリックします。

    • Windows 7の場合

      IMEツールバー(言語バー)メニュー画面

上記設定で「かお」と入力して変換すると、顔文字に変換することが可能になります。


常に顔文字が使えるように設定する方法

「かお」と入力して変換したときに、常に顔文字が変換候補に表示される設定にします。

  1. [スタート]ボタンをクリックし、[コントロール パネル]をクリックします。

  2. [時計、言語、および地域]の[キーボードまたは入力方法の変更]をクリックします。

    [時計、言語、および地域]画面

  3. [地域と言語]画面が表示されるので、[キーボードの変更]ボタンをクリックします。 

    [地域と言語]画面

  4. [テキスト サービスと入力言語]画面が表示されるので、[Microsoft IME]をクリックし、[プロパティ]ボタンをクリックします。

    [テキスト サービスと入力言語]画面

  5. [Microsoft IME のプロパティ]画面が表示されるので、[システム辞書]欄の[Microsoft IME 話し言葉顔文字辞書]にチェックをつけて、[OK]ボタンをクリックします。

    • チェックが灰色の場合は、黒色のチェックがつくまで何回かクリックしてください。

    [Microsoft IME のプロパティ]画面

以上で、操作は完了です。
上記設定で「かお」と入力して変換すると、顔文字に変換することが可能になります。

顔文字変換メニュー画面

参考

「Microsoft Office」をインストールしている場合、「かお」と入力して変換したときに表示される変換候補一覧に顔文字辞書が表示されます。
[顔文字]をクリックすると、顔文字の一覧が表示されるので、任意の顔文字を選択してください。

変換候補一覧


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム