[VAIO_PC] Intel Virtualization Technology(インテル バーチャライゼーション・テクノロジー)機能を有効にする方法

BIOSセットアップメニューで設定します


対象製品

VAIO PC全般

Intel Virtualization Technology機能へ対応したモデル


操作方法

  • 「Aptio BIOS」「InsydeBIOS」の場合
  1. 本体が完全にシャットダウンされた状態で[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

    【ご注意】

    Windows8.1,Windows 10 で完全にシャットダウンされた状態にするには
    シャットダウンを選択する際、キーボードのShiftキーを押しながらシャットダウンを選択します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので[BIOS 設定を起動]、または[BIOS 設定メニューを表示]を選択します。

  3. BIOSセットアップメニューが起動しますので、キーボードの[→]キーを押し[Advanced]タブを表示します。

  4. [Intel(R) Virtualization Technology]の項目を確認し[Disabled]と表示されている場合は[Enter]キーを押します。

    • [Enabled]と表示されている場合は、有効に設定されています。手順5へ進んでください。
    • ハードウェアの構成がIntel Virtualization Technology機能に対応していない場合は[Intel(R) Virtualization Technology]の項目は表示されません。

  5. キーボードの[↓]キーを押し[Enabled]を選択して[Enter]キーを押します。

    ※画像は「Insyde BIOS」の場合です。
    [InsydeH20 Setup Utility]画面

  6. キーボードの[→]キーを押し[Exit]タブを表示します。

  7. キーボードの[↓]キーを押し[Save Changes]を選択して[Enter]キーを押します。

  8. 「Save configuration changes now?」 など、設定を変更することを確認するメッセージが表示されるので[Yes]を選択し[Enter]キーを押します。

  9. キーボードの[↑]キーを押し[Exit Setup]を選択し[Enter]キーを押します。

  10. 「Save configuration and reset?」、または「Save configuration changes and exit now?」などのメッセージが表示されるので[Yes]を選択し[Enter]キーを押します。


以上で操作は完了です。


 
  • 「PHOENIX BIOS」の場合
  1. 本体が、完全にシャットダウンされた状態で[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

    【ご注意】

    Windows8.1,Windows 10 で完全にシャットダウンされた状態にするには
    シャットダウンを選択する際、キーボードのShiftキーを押しながらシャットダウンを選択します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので[BIOS 設定を起動]、または[BIOS 設定メニューを表示]を選択します。

  3. BIOSセットアップメニューが起動しますので、キーボードの[↓]キーを押し[Advanced]を選択します。

  4. 画面右側の[Intel(R) Virtualization Technology]の項目を確認し[Disabled]と表示されている場合は、選択部分をクリックし [Enable]を選択します。

    • [Enabled]と表示されている場合は、有効に設定されています。手順5へ進んでください。
    • ハードウェアの構成がIntel Virtualization Technology機能に対応していない場合は[Intel(R) Virtualization Technology]の項目は表示されません。

  5. 画面右下にある[Exit]をクリックします。

  6. 「Setup Confirmation Save configuration changes and exit now?」メニューが表示されるので「Yes」をクリックします。

  7. 「VAIO レスキューモード」画面が表示されるので「終了してWindowsを起動する」あるいは「シャットダウン(電源を切る)」など任意の操作を選択します。


以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム