[VAIO_PC] リカバリーメディアを作成する際の注意事項

対象製品

VAIO株式会社製VAIO PC全般


リカバリーメディア作成に対応したUSBフラッシュメモリーが必要です。

  • USBフラッシュメモリー以外の記憶媒体(CD/DVDなどのディスク、SDカードや外付けハードディスクなど)では、リカバリーメディアを作成することはできません。

  • リカバリーメディアとしては、FAT32でフォーマットされた、USB 2.0に対応したUSBフラッシュメモリーで作成できます。
    必ずUSB 3.0規格に対応していないUSBフラッシュメモリーで作成してください。
    USB 3.0規格対応のUSBフラッシュメモリーでは、リカバリーできない場合があります。

  • USBフラッシュメモリーは、機種によって必要な容量が違います。お手元の製品を確認いただき、以下を参照のうえご用意ください。
    VJP111*/1311*シリーズ、VJF151*/152*シリーズ ・・・8 GB以上、32 GB以下
    VJZ13A*シリーズ、VJZ12A*シリーズ、VJP132*シリーズ、VJS111*/131*/151*シリーズ、VJZ13B*/131*シリーズ、VJC151*シリーズ・・・ 16 GB以上、32 GB以下

    ※必要となるUSBフラッシュメモリーの容量は、リカバリーメディア作成時の[USBフラッシュドライブの接続]画面にて確認できます。

注意事項

  • リカバリーメディアを作成する際に、USBフラッシュメモリーに保存されているデータはすべて削除されるため
    事前にデータのバックアップを行ってください。
  • リカバリーメディア作成前に、ディスクのエラーチェックでリカバリーメディアのエラーチェック実施してください。

    ▼関連Q&A:

    [Windows 7] ディスクのエラーチェック(スキャンディスク)の方法
    [Windows 8.1] ディスクのエラーチェック(スキャンディスク)をする方法

  • リカバリーメディア作成前に、一旦FAT32でフォーマットすることをおすすめします。
  • Windows 7(Windows 8.1ライセンス付)モデルは、工場出荷時の状態のみ、Windows 8.1のリカバリーデータがインストールされています。
    リカバリーなどを行う前に、必ずWindows 8.1のリカバリーメディアを作成してください。
    Windows 7のリカバリーメディアも付属していないため、Windows 7のリカバリーメディアも作成してください。
  • パーティションの構成を変更するソフトやハードディスク/SSDを暗号化するソフトをインストールすると、リカバリー領域からデータを取り出せず、リカバリーメディアの作成ができない場合があります。
    購入直後の工場出荷時の状態でリカバリーメディアを作成することをおすすめします。
  • リカバリーメディアを作成後に、ファイルやフォルダーの追加、または削除を行うと、リカバリー(再セットアップ・初期化)が実行できません。
  • リカバリーメディアを作成する際は、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しない設定にしてください。
  • リカバリーメディアを作成する際は、セキュリティーアプリなどの常駐アプリを一時的に停止してください。
  • 作成したリカバリーメディアは、作成の際に使用したVAIOでしか使うことができません。
  • ハードディスク上の空き容量が少ない場合は、リカバリーメディアの作成はできません。
  • 必ずACアダプターを接続してからリカバリーメディアを作成してください。
  • セキュリティー機能を搭載したUSBフラッシュメモリーは、複数のドライブやパーティションとして認識されることがあります。
    その場合は、リカバリーデータを作成、および保存する機能が制限されることがあります。
    詳細については、USBフラッシュメモリーの取扱説明書をご参照ください。
  • リカバリーメディア作成時に必要となるUSBフラッシュメモリーの容量が例えば6~8GBと表示された場合、8GBのUSBフラッシュメモリーを使用すると、容量不足により作成に失敗する可能性があります。
    リカバリーメディアを作成する際は、必要となる容量よりも大きい容量のUSBフラッシュメモリーのご使用をおすすめします。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム