[VJS112*][VJS132*][VJS152*][VJPF11*][VJPG11*][VJPH11*] 指紋認証の設定方法

対象機種

VJS112*
VJS132*
VJS152*
VJPF11*
VJPG11*
VJPH11*

※指紋センサーオプションを選択している場合のみ

目次


指紋認証についてのご注意

  • 指紋認証技術は、完全な本人認証・照合を保証するものではありません。また、データやハードウェアの完全な保護を保証するものではありません。
    VAIOの指紋センサーを使用されたこと、または使用できなかったことによるいかなる障害・損害についても、当社は一切の責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • けがなどに備えて、複数の指を登録するようにしてください。
  • 指紋の状態や使用状況などにより、指紋の登録/認証ができない場合があります。その場合は、以下を行うことで改善されることがあります。
    • 他の指を使用する。
    • 手を洗うなどして登録した際の状態に戻す。
    • すでに登録されている指紋のデータを一度削除し、指紋を登録し直す
  • 指紋の認証率は、使用状況などにより異なります。また、個人差があります。
  • 故障の原因となることがありますので、指紋センサーに傷や汚れをつけないでください。
  • 冬期など特に乾燥する時期は、金属に触れて体の静電気を逃がしてからスキャンしてください。静電気で指紋センサーが故障するおそれがあります。
  • VAIOの修理などを行った場合、登録済みのお客様の指紋情報が消去されることがありますので、あらかじめご了承ください。


指紋認証でできること

Windows 10 の機能の1つである「WindowsHello」を使って、顔や目の虹彩、指紋などを使った生体認証によるサインインが可能になりました。
2017年09月発売のVAIOでは、指紋センサーオプションを選択している場合、この「WindowsHello」の機能を使って、指紋センサーに指を乗せるだけで、従来のパスワードやPINのほかに、サインインができるようになります。

指紋認証を利用する場合は、あらかじめアカウントにパスワードが設定されていて、PIN設定が必要です。

目次へ戻る


アカウントへのパスワードの設定

ローカルアカウントを使用していて、アカウントにパスワードを設定されていない場合は、下記のアンサーを参照してパスワードを設定してください。

[Windows10] ユーザーアカウントのパスワードを作成・変更・削除する方法
※既に設定済みの場合は、次の項へ進んでください。


PINの設定方法

  1. 「設定」画面を開いて[アカウント]を選択し、[サインイン オプション]をクリックします。

  2. PINの[追加] ボタンを押し、アカウントのパスワードを入力して[OK]を押します。

  3. PINとして設定したい数字を上下に入力して[OK]を押します。

  4. PINの欄に「取り出す」ボタンが出れば完了です。

目次へ戻る


指紋認証を有効にする(ドメイン環境のみ)

VAIOがドメイン環境に参加している場合、初期設定ではWindows Hello やPIN でのサインインが無効になっています。
有効にするためには下記の手順を実行してください。

  1. [Windows]+[R] キーを押し、「ファイル名を指定して実行」ダイアログを表示し、[gpedit.msc](カッコ含まず)と入力して[OK]ボタンをクリックし、ローカルグループポリシーエディタを起動します。

  2. [コンピューターの構成] - [管理用テンプレート] - [システム] - [サインイン] の順に項目を開き、 [便利な PIN を使用したサインインをオンにする] をダブルクリッします。

  3. 開いた画面で[有効] を選択して[OK] ボタンをクリックします。

目次へ戻る


指紋の登録方法

  1. 「サインイン オプション」画面で「指紋認証」欄の[セットアップ]をクリックし、「Windows Hello へようこそ」画面で[開始する]ボタンを押します。

  2. 「指紋センサーにタッチ」画面が出るので、画面の指示に従い指紋センサーに指を乗せて離す動作を繰り返します。

  3. 「すべて完了しました。」画面が表示されるので、[別の指を追加]を押して他の指紋の登録を行うか、[閉じる]ボタンを押して登録を完了します。

  4. 「指紋認証」欄に[削除]ボタンが表示されていれば指紋が登録された状態になっています。

    【参考情報】

    指紋認証を設定したアカウントを、ローカルアカウント⇔Microsoftアカウント を切り替える場合は 事前に登録した指紋を削除してから行ってください。
    特にMicrosoftアカウントからローカルアカウントに切り替える際にパスワードを作成しないで切り替えた場合は、アカウントにサインインできなくなる可能性があります。

目次へ戻る


登録した指紋を削除する方法

  • 登録した指紋を削除する場合は、「指紋認証」欄に表示されている[削除]ボタンを押します。
    ※削除ボタンを押すと、確認画面等は一切表示されず、登録した指紋が削除され、[セットアップ] ボタンが表示されます。
    ※複数の指で指紋登録をしている場合も、全ての指紋が削除されます。特定の指紋のみを削除することはできませんので、ご注意ください。

目次へ戻る


指紋認証でWindows にサインインする

Windows を起動したときや、ロック画面で登録した指を指紋認証センサーにあてると、指紋認証でサインインできます。
指紋が認識されると マークが表示され、Windows にサインインできます。

以下のように、起動直後のアカウントが表示されていない画面でも、指紋センサーに指をあてるとサインインできます。

【参考情報】

スリープからの復帰時にも、指紋認証を含めサインインを求める場合は [設定]-[アカウント]-[サインインオプション] 画面にある 「サインインを求める」欄、「しばらく操作しなかった場合に、もう一度WIndowsへのサインインを求めるまでの時間を選んでください。」の下にあるボックスをクリックして 「PCがスリープから復帰したとき」を選択します。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム