[Windows 8.1] PC全体のバックアップ(システムイメージバックアップ)を復元する方法

目次


【事前確認】

  • システムバックアップイメージからPCを復元する場合は、復元するアイテムを個別に選択することはできません。
    現在のアプリ、システム設定、およびファイルはすべて置き換えられ、システムイメージを作成した時点の内容に戻りますので、ご注意ください。
    実行する前に、バックアップイメージが最新であるかご確認ください。
    また、開始する前にバックアップがリムーバブルディスクなどに保存されている場合は、使用できることをご確認ください。

  • 電源が切れている状態から復元する場合は、リカバリー領域、リカバリーメディア、またはシステム修復ディスクのいずれかが必要です。

  • BitLockerドライブ暗号化、もしくはデバイスの暗号化を使用している場合は、事前に暗号化を解除してください。
    解除せずに作業した場合、[BitLockerドライブ暗号化の回復]画面が表示されることがあります。
    この場合、画面にそって操作を行い、暗号化を一時的に解除してください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1 Pro] TPM機能と連携してBitLockerドライブ暗号化を有効/無効にする方法
    [VAIO_PC] デバイスの暗号化について


ImageWindowsが起動している状態から復元する方法

  1. 画面の右上隅にマウスポインターを合わせて(タッチパネルの場合は画面の右端からスワイプして)、表示されたチャームから[設定]を選択します。

  2. [設定]チャームが表示されるので、[PC 設定の変更]を選択します。

  3. [PC設定]画面が表示されるので、[保守と管理]を選択します。

  4. [保守と管理]画面が表示されるので、[回復]を選択し、[PCの起動をカスタマイズする]の[今すぐ再起動する]を選択します。

  5. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

  6. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

  7. [詳細オプション]画面が表示されるので、バックアップしたデータが入っている機器を接続、またはバックアップしたデータが入っているメディアをドライブに挿入し、[イメージでシステムを回復]を選択します。

  8. 再起動し、[システムイメージからの復元を準備しています]と表示されるので、しばらく待ちます。

  9. [イメージでシステムを回復]画面が表示されるので、ユーザーアカウントを選択します。

     ※管理者権限を持つアカウントのみが表示されます。

  10. 選択したアカウントのパスワードを入力し、[続行]ボタンを選択します。
    パスワードを設定していない場合は、空白のまま[続行]ボタンを選択します。

    【ご注意】

    複数のDVDメディアにバックアップした場合、最後に使用したメディアを最初に挿入しないと、バックアップしたファイルが認識されません。
    なお、最後に使用したメディアの挿入以降は画面の指示にしたがってメディアを入れ替えてください。

  11. [コンピューター イメージの再適用]画面が表示されるので、最新のシステムイメージに復元する場合は、[利用可能なシステム イメージのうち最新のものを使用する(推奨)]にチェックをつけ、[次へ]ボタンを選択します。

    【参考情報】

    [システム イメージを選択する]にチェックをつけて[次へ]ボタンを選択すると、任意のシステムイメージを選択できます。

    1. [復元するコンピューターの場所を選択してください]と表示されるので、システムイメージが保存してある場所を選択し、[次へ]ボタンを選択します。

    2. [復元するシステム イメージの日時を選択してください]と表示されるので、任意の日時を選択し[次へ]ボタンを選択します。

  12. [他の復元方法を選択してください]と表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

  13. [コンピューターは、以下のシステムイメージから復元されます:]と表示されるので、システムイメージを確認後、[完了]ボタンを選択します。

  14. 下記のメッセージが表示されるので、続行する場合は、[はい]ボタンを選択します。

    メッセージ:
    「ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システム イメージ内のデータによって置き換えられます。
    続行しますか?」

  15. 復元が始まります。

    【ご注意】

    復元するデータのサイズなどにより、数分から数時間かかります。
    電源を切らずにそのままお待ちください。

  16. 復元が完了すると、[今すぐコンピューターを再起動しますか?]と表示されるので、[今すぐ再起動する]ボタンを選択します。

     ※どちらのボタンも選択しないまま1分間経過すると、自動的に再起動されます。
      [再起動しない]ボタンを選択すると、[オプションの選択]画面に戻ります。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


Image電源が切れている状態から復元する方法

  • リカバリー領域がある場合

  • 表示される画面は、ご使用のモデルやアプリのバージョンにより異なります。
  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[トラブルシューティング(リカバリー)を開始]、もしくは[VAIO のリカバリー機能を開始]を選択します。

  3. [キーボード レイアウトの選択]画面が表示された場合は、[Microsoft IME]を選択します。

  4. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

  5. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

  6. [詳細オプション]画面が表示されるので、バックアップしたデータが入っている機器を接続、またはバックアップしたデータが入っているメディアをドライブに挿入し、[イメージでシステムを回復]を選択します。

  7. [目的のオペレーティングシステムを選んでください。]と表示されるので、[Windows 8.1]を選択します。

  8. [コンピューター イメージの再適用]画面が表示されるので、最新のシステムイメージに復元する場合は、[利用可能なシステム イメージのうち最新のものを使用する(推奨)]にチェックをつけ、[次へ]ボタンを選択します。

    【参考情報】

    [システム イメージを選択する]にチェックをつけて[次へ]ボタンを選択すると、任意のシステムイメージを選択できます。

    1. [復元するコンピューターの場所を選択してください]と表示されるので、システムイメージが保存してある場所を選択し、[次へ]ボタンを選択します。

    2. [復元するシステム イメージの日時を選択してください]と表示されるので、任意の日時を選択し[次へ]ボタンを選択します。

  9. [他の復元方法を選択してください]と表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

  10. [コンピューターは、以下のシステムイメージから復元されます:]と表示されるので、システムイメージを確認後、[完了]ボタンを選択します。

  11. 下記のメッセージが表示されるので、続行する場合は、[はい]ボタンを選択します。

    メッセージ:
    「ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システム イメージ内のデータによって置き換えられます。
    続行しますか?」

  12. 復元が始まります。

    【ご注意】

    復元するデータのサイズなどにより、数分から数時間かかります。
    電源を切らずにそのままお待ちください。

  13. 復元が完了すると、[今すぐコンピューターを再起動しますか?]と表示されるので、[今すぐ再起動する]ボタンを選択します。

     ※どちらのボタンも選択しないまま1分間経過すると、自動的に再起動されます。
      [再起動しない]ボタンを選択すると、[オプションの選択]画面に戻ります。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る

  • リカバリー領域を削除している場合

  • 表示される画面は、ご使用のモデルやアプリのバージョンにより異なります。
  1. コンピューターの電源が入っている状態で、システム修復ディスクやリカバリーメディアを挿入、または接続して電源を切ります。

  2. [F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
  3. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[USB メモリーやディスクから起動]を選択します。
  4. システム修復ディスクをご使用の場合は、[Press any key to boot form CD or DVD...]と表示されるので、キーボードの任意のキーを押します。
    リカバリーメディアをご使用の場合は、次の手順に進みます。

  5. [キーボード レイアウトの選択]画面が表示されるので、[Microsoft IME]を選択します。

  6. [オプションの選択]画面が表示されるので、[トラブルシューティング]を選択します。

  7. [トラブルシューティング]画面が表示されるので、[詳細オプション]を選択します。

  8. [詳細オプション]画面が表示されるので、バックアップしたデータが入っている機器を接続、またはバックアップしたデータが入っているメディアをドライブに挿入し、[イメージでシステムを回復]を選択します。

  9. [目的のオペレーティングシステムを選んでください。]と表示されるので、[Windows 8.1]を選択します。

  10. [コンピューター イメージの再適用]画面が表示されるので、最新のシステムイメージに復元する場合は、[利用可能なシステム イメージのうち最新のものを使用する(推奨)]にチェックをつけ、[次へ]ボタンを選択します。

    【参考情報】

    [システム イメージを選択する]にチェックをつけて[次へ]ボタンを選択すると、任意のシステムイメージを選択できます。

    1. [復元するコンピューターの場所を選択してください]と表示されるので、システムイメージが保存してある場所を選択し、[次へ]ボタンを選択します。

    2. [復元するシステム イメージの日時を選択してください]と表示されるので、任意の日時を選択し[次へ]ボタンを選択します。

  11. [他の復元方法を選択してください]と表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

  12. [コンピューターは、以下のシステムイメージから復元されます:]と表示されるので、システムイメージを確認後、[完了]ボタンを選択します。

  13. 下記のメッセージが表示されるので、続行する場合は、[はい]ボタンを選択します。

    メッセージ:
    「ドライブ内の復元対象のデータはすべて、システム イメージ内のデータによって置き換えられます。
    続行しますか?」

  14. 復元が始まります。

    【ご注意】

    復元するデータのサイズなどにより、数分から数時間かかります。
    電源を切らずにそのままお待ちください。

  15. 復元が完了すると、[今すぐコンピューターを再起動しますか?]と表示されるので、[今すぐ再起動する]ボタンを選択します。

     ※どちらのボタンも選択しないまま1分間経過すると、自動的に再起動されます。
      [再起動しない]ボタンを選択すると、[オプションの選択]画面に戻ります。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム