[Windows 11] リカバリーメディアを作成する方法

目次

【ご注意】

Windows 10プリインストールモデルを、Windows 11 にアップグレードした場合、Windows 11 上で作成したリカバリーメディアでリカバリーを行うと、Windows 11 へリカバリーされます。
出荷時のWindows 10 に戻す場合は、Windows 11 にアップグレードする前に、あらかじめWindows 10 上で、リカバリーメディアを作成しておく必要があります。

▼関連Q&A:
[Windows 10] リカバリーメディアを作成する方法

Windows 10(Windows 11 ライセンス付)モデルについては、出荷時のWindows 10 上で、「VAIO Recovery Media Creator」で、Windows 10 とWindows 11 の2つのOS のリカバリーメディアを作成してください。
両方のリカバリーメディアを作成する前に、リカバリーやWindows 11 へアップグレードすると、リカバリーメディアが作成できなくなります。


対象

Windows 11 プリインストールモデル
Windows 10 からWindows 11 にアップグレードしたモデル
Windows 10(Windows 11 ライセンス付)モデル

【注意事項】

  • VAIO に接続している周辺機器は全て取り外してから操作を行ってください。
  • リカバリーメディアを作成すると、USB フラッシュメモリーに保存されているデータはすべて削除されます。
    USB フラッシュメモリーにデータが保存されている場合は、事前にバックアップを行ってください。
  • 作成前にUSB フラッシュメモリーのエラーのチェックとフォーマットをおすすめします。
  • リカバリーメディアとしては、16GB 以上、32GB 以下のUSB2.0 及び USB3.0 規格対応のUSBフラッシュメモリーを使用できます。
  • USB フラッシュメモリーは、機種によって必要な容量が異なり、お客様の使用環境によっても、必要な容量が異なってくる場合があります。
  • 必要となるUSB フラッシュメモリーの容量は、[USB フラッシュドライブの接続]画面にて確認できます。
  • Windows 10 からWindows 11 にアップグレードした場合、アップグレード後にすぐに作成することをお勧めします。
  • Windows が正常に動作していない場合、リカバリーメディアの作成に失敗します。ご購入後すぐに作成することをおすすめします。
  • BiLocker ドライブ暗号化や暗号化ソフトを使用している状態で、リカバリーメディアを作成するとリカバリーに失敗します。
  • リカバリーメディア作成前に必ず暗号化を解除してください。
  • CD/DVD などのディスク、SD カードや外付けハードディスクなどでは、リカバリーメディアを作成することはできません。
  • リカバリーメディアを作成後にリカバリーメディア内のファイルやフォルダーの追加、または削除を行うと、リカバリー(再セットアップ・初期化)が実行できません。
  • リカバリーメディアを作成する際は、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しない設定にしてください。
  • リカバリーメディアを作成する際は、セキュリティーアプリなどの常駐アプリを一時的に停止してください。
  • 作成したリカバリーメディアは、作成の際に使用したVAIO でしか使うことができません。
  • ハードディスク/SSD 上の空き容量が少ない場合は、リカバリーメディアの作成はできません。
  • リカバリーメディアの作成には数十分かかる場合があります。必ずAC アダプターを接続してください。
  • セキュリティー機能を搭載したUSB フラッシュメモリーは、複数のドライブやパーティションとして認識されることがあります。
    その場合は、リカバリーデータを作成、および保存する機能が制限されることがあります。
    詳細については、USB フラッシュメモリーの取扱説明書をご参照ください。
  • VJZ14*/VJPZ11* シリーズで、リカバリーメディアを作成する場合 は、USB Type-C のフラッシュメモリー、もしくはHi-Speed USB(USB2.0)またはSuper speed USB (USB3.0)のUSBフラッシュメモリーにUSB Type-C の規格に準拠した、USB Type C / A変換アダプターを接続した上で作成してください。

操作方法

Windows 11 プリインストールモデル、Windows 10 からWindows 11 にアップグレードしたモデルの操作方法

  1. タスクバー上の虫眼鏡のアイコンを選択すると「検索するには、ここに入力します」と表示されますので、その欄に「回復ドライブ」と入力します。
    入力した欄の上部に、検索結果の候補が表示されるので、一覧から[回復ドライブの作成 コントロールパネル](画像赤枠)を選択します。

  2. 「ユーザーアカウント制御」のダイアログが表示されますので、[はい]を選択します。

  3. 「回復ドライブの作成」画面が表示されるので、[システムファイルを回復ドライブにバックアップします。]のチェックボックスにチェックが入っていることを確認した上で、[次へ]を選択します。

  4. 「USB フラッシュドライブの接続」画面が表示されるので、USB フラッシュメモリーを接続します。

    接続したUSB 機器の画面が表示された場合は画面を閉じてください。作成に必要な容量は、機種により異なります。
    表示された容量より大きめの容量のUSB フラッシュメモリーを使用してください。

  5. USB フラッシュメモリーの認識が完了すると「USB フラッシュドライブの選択」画面が表示されるので、[次へ]を選択します。

  6. 「ドライブ上のすべてのデータが削除されます。」と表示されるので、[作成]を選択します。

  7. 回復ドライブの作成が始まりますので、そのまましばらくお待ちください。

    リカバリーメディアの作成には数十分かかる場合があります。
    作成中に電源を切ったり、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しないようにしてください。

  8. 作成が完了すると、「回復ドライブの準備ができました」と表示されるので、[完了]を選択します。

以上でリカバリーメディアの作成は完了です。
USB フラッシュメモリーにラベル名を記載するか、USB フラッシュメモリーとラベル名を記載したメモを一緒に保管してください。

目次へ戻る


Windows 10(Windows 11ライセンス付)モデルの操作方法

  1. Windows 10(Windows 11ライセンス付)モデルについては、初期設定後のデスクトップ上に以下の画面が表示されますので、「VAIO Recovery Media Creator を起動」を選択します。もしくは、[スタート]-[VAIO Recovery Media Creator]を選択します。

  2. [リカバリーメディアの作成]画面が表示されますので、作成するOS を選択し、[次へ]を選択します。

    • 「Windows 10(現状の回復ドライブを作成」)を選択すると こちら の画面が表示されますので、画面の内容にしたがって作成を進めてください。

    • 「Windows 11」を選択すると、下記の3.の手順に進みます。

      リカバリや、Windows 11 へのアップグレードを行っていると、上記に「Windows 11」の項目は表示されません。

  3. [USB フラッシュメモリーを取り付けて使用可能な物を選択してください]画面が表示されますので、表示されている容量より大きめの容量のUSB フラッシュメモリーを接続してください。
    接続したUSB フラッシュメモリーが表示されましたら、接続したUSB フラッシュメモリーを選択し、[次へ]を選択します。

  4. [リカバリーメディアの作成を開始します]画面が表示されますので、[作成開始]を選択します。リカバリーメディアの作成が開始されます。

    Windows 11 のリカバリーメディア作成時は、[リカバリーメディアを作成した後に、元のデータを削除します]のチェックボックスが表示されます。
    Windows 11 のリカバリーデータを削除する場合のみ、このチェックボックスにチェックを入れてください。
    リカバリーメディアの作成には数十分かかる場合があります。作成中に電源を切ったり、スタンバイ、休止状態、またはスリープに移行しないようにしてください。

  5. [リカバリーメディアの作成が完了しました]画面が表示されるので、[OK]を選択してください。

    以上でリカバリーメディアの作成は完了です。
    USB フラッシュメモリーにラベル名を記載するか、USB フラッシュメモリーとラベル名を記載したメモを一緒に保管してください。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    お問い合わせフォーム