Web会議でカメラの映りを良くする方法

Web会議でカメラの映りを良くする方法


説明

Web会議でのカメラの映像で、「顔が赤みを帯びて映っていた」や「暗い映像で映っていた」といったことがあるかと思いますが、そういった場合にちょっとした工夫で、カメラの映りをよくすることができます。
以下に代表的な事例を紹介いたします。

目次へ戻る


  • 画像がぼやけている場合

カメラのレンズ部分が汚れていませんか?

よくある事例としてカメラのレンズ部分が汚れている場合があります。
多くのモデルでカメラが液晶の上部にあることもあり、意図せず触ってしまい、指紋等で汚れている場合がありますので、クリーニングクロスなどを使用してカメラ部分の汚れを優しくふき取りましょう。


解像度の設定は適切ですか?

ご使用のアプリにより、標準設定の解像度が低く設定されている場合などがあります。
ご使用のアプリの解像度の設定を確認してください。


暗い場所で使用していませんか?

使用されている環境が暗い場合、光量不足をカメラのセンサー側の感度を上げること補正しますが、それに伴い解像感が失われます。
なるべく明るい環境や、逆光にならない環境でご使用ください。


目立つ色合いの服装ですか?

白い服に白い背景、黒い服に黒の背景など、来ている服装と背景が同色系統の場合、アプリの補正などにより、人物も背景と判定されぼかし処理などが行われ、ぼやけた映像になる場合があります。
背景側の色とは異なった服装にすることで、輪郭が際立ちはっきりとした映像になる場合がありますので、服装と背景の色合いを検討してみてください。

目次へ戻る


  • 顔が暗く映る場合

カメラの位置は低くありませんか?

カメラの位置が低く、見下ろすような位置関係にある場合、顔に光が当たりにくく、影などもできやすいため、暗い画像になりがちです。
カメラの位置が目線の高さになるような位置関係にすると、顔や瞳に光が入りやすく、表情も明るく見えます。


逆光になっていませんか?

逆光状況では、顔が暗く映ります。
カメラ側でセンサー感度を上げることで補正できる場合がありますが、その場合解像感が失われます。
逆光にならない環境、もしくは補助ライトなどを使用してください。


白い服装ではありませんか?

日常生活では顔映りを明るくしてくれる白い服装ですが、Webカメラの場合、カメラ側の補正により、暗い画像になる場合があります。
濃いめの色や少し暗めの色が顔色が良くなり映えます。
紺、グレー、青、濃いめのピンク、赤、緑などがお勧めです。
ただし濃いめの服装でも、背景の色が暗めの色だと同化し、ぼやけて映る場合がありますのでご注意ください。

目次へ戻る


  • 顔の色がおかしい

背景の色は何色ですか?

人物以外の背景の色に影響を受けて、顔が赤く映ったり、黄色味をおびて映る場合などがあります。
背景の色は、薄い灰色などなるべく色味のない背景が余分な色の補正がかからずお勧めです。
また、周りの環境が暗い場合も色味の影響を受けやすいので、明るい環境にすることをお勧めします。
なおバーチャル背景などを使用しても実際に映るカメラ映像自体は、実際の環境の色に影響を受けますので、背景の色にご留意ください。


環境の照明は何を使われていますか?

ご使用環境の照明によっては、光源の影響により、意図せぬ色合いに補正される場合があります。
白色や昼白色の照明が比較的自然な色合いで補正される場合があります。


アプリの設定に問題はありませんか?

ご使用のアプリによっては、極端な色の補正が反映される場合があります。
ストアアプリのカメラは標準的な映像を表示しますので、まずはストアアプリのカメラの映像をご確認ください。
ストアアプリのカメラの映像とご使用のアプリの映像に差がある場合は、アプリの画像補正が入っている場合がありますので、ご使用のアプリの設定内容を見直してください。

目次へ戻る



フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    お問い合わせフォーム