[Windows 8.1] 「Windows Defender」でPCをスキャンする方法

「Windows Defender」の[ホーム]タブから操作を行います


説明

「Windows Defenrer」を使用すると、ウイルススパイウェア、およびマルウェア(悪意のあるソフトウェア)などからPCを保護できます。
リアルタイム保護が有効になっている場合は、バックグラウンドで自動的にスキャンが行われ、ウイルス、スパイウェア、およびマルウェアの可能性があるプログラムを確認できます。
問題を検知した場合など、操作が必要な際にのみ通知が表示されます。

また、必要に応じて、手動でスキャンを行うこともできます。
PCが正しく動作していない場合や、不審な相手からメールが送られてきた場合などに、本Q&Aの手順でスキャンをお試しください。


内容

  • 事前確認

「Windows Defender」でPCをスキャンするには、「Windows Defender」が有効になっている必要があります。
無効になっている場合は、下記の関連Q&Aを参照し、「Windows Defender」を有効にしてください。

▼関連Q&A:
[Windows 8.1] 「Windows Defender」を有効/無効にする方法


  • 操作方法

  1. 「Windows Defender」を起動します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] アプリを起動する方法

  2. [Windows Defender]画面が表示されるので、[ホーム]を選択します。

    [Windows Defender]画面

  3. [スキャンのオプション]でスキャンの種類を下記から選択し、[今すぐスキャン]ボタンを選択します。

    • クイック
      ウイルス、スパイウェア、およびマルウェアなどに感染しやすい場所と、現在実行中のアプリのみをスキャンします。

    • フル
      ハードディスク上のすべてのファイルをスキャンします。
      ご使用のモデルによっては、このスキャンに1時間以上かかる場合があります。

    • カスタム
      スキャンするファイルやフォルダーを指定できます。

    「Windows Defender」画面

  4. スキャンが行われるので、しばらく待ちます。

    [Windows Defender]画面

  5. スキャンが完了すると、[*****個の項目のスキャンが完了しました。]と表示されます。

    [Windows Defender]画面

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム