[Windows 8.1] 静止画をスクリーンセーバーにする方法

[スクリーン セーバーの設定]画面で[写真]を選択します


説明

お好きな静止画(写真)を選んで、スクリーンセーバーに設定できます。
初期設定では[ピクチャ]フォルダーが指定されています。
指定したフォルダーに保存されているすべての静止画が、スクリーンセーバーとして表示されます。

静止画以外をスクリーンセーバーに設定する手順については、下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8.1] スクリーンセーバーを設定する方法


 

内容

  • 操作方法

  1. デスクトップ上の何もないところで右クリックして(タッチパネルの場合は押し続けて)、表示されたメニューから、[個人設定]を選択します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] デスクトップ画面を表示する方法

    右クリックメニュー

  2. [個人設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]を選択します。

    [個人設定]画面

  3. [スクリーン セーバーの設定]画面が表示されるので、[スクリーン セーバー]の下向きの三角ボタンを選択して、[写真]を選択します。

    [スクリーン セーバーの設定]画面

  4. [設定]ボタンを選択します。

    [スクリーン セーバーの設定]画面

  5. [フォト スクリーン セーバーの設定]画面が表示されるので、任意の設定を行い、[保存]ボタンを選択します。

    [フォト スクリーン セーバーの設定]画面

    参考

    設定できる項目は下記のとおりです。

    • 使用する画像の場所
      [参照]ボタンを選択し、画像の保存先のフォルダーを選択します。

    • スライドショーの速度
      下向きの三角ボタンを選択し、スライドショーの再生速度を選択します。

      • 画像をランダムに再生したい場合には、[画像をランダム再生する]にチェックをつけます。
     
  6. [スクリーン セーバーの設定]画面に戻るので、[待ち時間]欄の上下の矢印を選択し、スクリーンセーバーが起動するまでの待ち時間を設定し、[OK]ボタンを選択します。

    [スクリーン セーバーの設定]画面

    参考

    [プレビュー]ボタンを選択すると、スクリーンセーバーをプレビューで確認できます。

     

以上で操作は完了です。


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム