[VAIO_PC] 本体の電源を切っていてもバッテリーが消耗する

常に電力が使用されているため、本体の電源を切っていても電力は消費します


対象製品

VAIO PC全般

  • バッテリー搭載モデルのみ対象です。

目次

  • 事前確認

  • 説明


 

内容

  • 事前確認


  • 説明

VAIOのリチウムイオンバッテリーパックは、下記のような目的で常に電力が使用されているため、本体の電源を切っていても電力は消費します。

  • リアルタイムクロック (RTC)の駆動・CMOSの保持に使用されます。
    バッテリーパックが接続されているときは、PC本体に内蔵のリアルタイムクロック(RTC)バックアップ電池は使用されません。

  • PC97以降の規格に従って設計されたPCの場合、電源スイッチはソフトスイッチです。
    電源スイッチが、直接電源ラインをオン・オフしているわけではなく、電源を管理するコントローラーに対して「電源をオン(オフ)にせよ」という信号を送って電源がオン・オフされる仕組みです。
    つまり、電源を管理するコントローラーは、バッテリーやACアダプターが接続されているときには常に通電状態になり、電力を消費しています。

  • マイコン回路の動作と、情報送信にもバッテリーパックの電力が消費されます。
    VAIOのバッテリーパックは、単なる電池ではなく、バッテリーパックの状態(バッテリー残量や充放電電流値、パック内の温度など)の監視を行うマイコンを内蔵し、その情報を一定時間ごとに本体に送信する機能が搭載されています。

以上のように、PCに装着している場合にはもちろんのこと、取りはずして置いているバッテリーであっても、「自然放電」以外に電力消費があります。
よって、電源を切っていても、バッテリーが消耗するのは正常な動作になります。

参考
  • バッテリーパック内のマイコンも、PCの電源管理コントローラーも、極めて低電力動作ではありますが、電力を消費していることに変わりはありません。
  • この電力消費は、ビデオカメラ用などのリチウムイオンバッテリーパックや他社製のPCで使用されているリチウムイオンバッテリーパックであっても、同等の方式を使用しているものであれば、ほぼ同様にバッテリーを消耗します。
    電源を切った状態でのバッテリーの消耗量(容量減)は搭載されている機能によって異なるため、他モデルと比較できません。

目次に戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム