[Windows 10][Windows 8.1]Secure Bootを有効にする方法

目次

 Secure Boot を有効にする方法

 Secure Bootの設定を初期化する方法


Secure Bootを有効にする方法

Secure Bootを有効にするには以下の手順で操作してください。


  • 「Aptio BIOS」、「Insyde BIOS」の場合
  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。
  3. [→]キー(右矢印キー)を押して[Security]の項目を選択します。
  4. [↓]キー(下矢印キー)を押し[Secure Boot]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。
  5. [↑][↓]キー(上下矢印キー)を押して[Enabled]を選択し、[Enter]キーを押します。
  6. [→]キー(右矢印キー)を押して[Exit]メニューを選択します。
  7. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Exit Setup]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。
  8. 「Save configuration and reset?」、または「Save configuration changes and exit now?」、とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、[Enter]キーを押します。

以上で操作は完了です。


  • 「PHOENIX BIOS」の場合
  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。
  3. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Secure Boot]の項目を選択します。
  4. [→]キー(右矢印キー)を押して「Secure Boot」の設定項目部分を選択し、[Enter]キーを押します。
  5. [↑][↓]キー(上下矢印キー)を押して[Enabled]を選択し、[Enter]キーを押します。
  6. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Exit]を選択し、[Enter]キーを押します。
  7. 「Save configuration changes and exit now?」とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、[Enter]キーを押します。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


Secure Bootの設定を初期化する方法

BIOSでSecure Bootを有効にしてもOS上でSecure Bootが有効にならない場合や、Secure Bootの項目がグレーアウトの状態で変更できない場合は Secure Bootの設定を初期化してください。

ご注意


BitLocker暗号化やデバイスの暗号化をしている状態でSecure Bootの設定を初期化すると
回復キーの入力を求められます。Secure Bootの設定を初期化する前に暗号化を解除してください。

▼関連Q&A:
[Windows 10 Pro] [Windows 8.1 Pro] TPM機能と連携してBitLockerドライブ暗号化を有効/無効にする

▼関連Q&A:
[VAIO_PC] デバイスの暗号化について


  • 「Aptio BIOS」、「Insyde BIOS」の場合
  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。
  3. [→]キー(右矢印キー)を押して[Security]の項目を選択します。
  4. [↓]キー(下矢印キー)を押し[Restore Factory Defaults]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。
  5. 「Setup Confirmation」、もしくは「Load Default Secure Variables」と表示されるので
    [Yes]を選択し[Enter]キーを押します。
    ※「Inside BIOS」の場合、この後[Factory defaults are restored]と表示されるので、[OK]を選択し[Enter]キーを押します。
  6. [→]キー(右矢印キー)を押して[Exit]メニューを選択します。
  7. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Exit Setup]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。
  8. 「Save configuration and reset?」、または「Save configuration changes and exit now?」、とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、[Enter]キーを押します。

以上で操作は完了です。


  • 「PHOENIX BIOS」の場合
  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。
  3. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Secure Boot]の項目を選択してください。
  4. [→]キー(右矢印キー)を押した後、[↓]キー(下矢印キー)を押して「Restore Factory Defaults」の選択項目部分を選択し、[Enter]キーを押します。
  5. 「Are you sure to restore factory default?」と表示されるので、[Yes]を選択し[Enter]キーを押します。
  6. 「Success to restore factory default.」と表示されるので、[OK]を選択し[Enter]キーを押します。
  7. [↓]キー(下矢印キー)を押して[Exit]を選択し、[Enter]キーを押します。
  8. 「Save configuration changes and exit now?」とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、[Enter]キーを押します。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム