[Windows 8.1][Windows 10]休止状態、または電源が切れた状態からのWake on LAN機能を使用可能にする方法

対象製品

▼個人向けモデル

  • VJF152*シリーズ
  • VJP132*シリーズ
  • VJC151*シリーズ
  • VJS111*シリーズ
  • VJS112*シリーズ
  • VJS121*シリーズ
  • VJS131*シリーズ
  • VJS132*シリーズ
  • VJS141*シリーズ
  • VJS151*シリーズ
  • VJS152*シリーズ
  • VJS153*シリーズ
  • VJA121*シリーズ
    ※キーボードユニットまたは拡張クレードル利用時のみ

▼法人専用モデル

  • VJP112*シリーズ
  • VJP133*シリーズ
  • VJPB11*シリーズ
  • VJPF11*シリーズ
  • VJPG11*シリーズ
  • VJPA11*シリーズ
    ※キーボードユニットまたは拡張クレードル利用時のみ
  • VJPH11*シリーズ
  • VJPK11*シリーズ
  • VJPH21*シリーズ
  • VJPJ11*シリーズ

対象OS

  • Windows 8.1
  • Windows 10

【事前確認】

  • LANケーブルを使用した有線LAN接続の場合のみ、Wake on LAN機能を使用できます。

  • 休止状態の項目が電源メニューの項目にない場合は、以下のQ&Aを参照し
    電源メニューに休止状態の項目を追加してください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] [電源]メニューに[休止状態]を表示する方法

  • 休止状態、または電源が切れた状態からのWake On LAN機能を有効にしている場合は
    本機の電源が切れているときも、LANアダプタには通電されるようになり
    工場出荷時の設定で使う場合にくらべて、本機のバッテリーの消費量が大きくなります。
    バッテリー駆動時間を優先して使いたい場合は、この設定は行わずに工場出荷時の設定で使用してください

  • 休止状態、または電源が切れた状態からのWake On LAN機能を使用する場合は
    必ずACアダプターを接続した状態で本機を休止状態または電源が切れている状態にしてください。

  • 休止状態、または電源が切れた状態からのWake On LAN機能を使用する場合は
    管理側のコンピューターにMagic Packetを送信するためのソフトウェアのインストールが必要です。

  • ハイブリッドスリープが有効の場合は、スリープ状態からのWake on LAN機能は使用できません。
    事前にハイブリッドスリープを無効にしてください。

【参考情報】

ハイブリッドスリープを無効にするには、[電源オプション]画面で
[スリープ]-[ハイブリッド スリープを許可する]を選択します。
[バッテリー駆動]欄、および[電源に接続]欄を選択し、[オフ]に設定します。


操作方法

VJF152*シリーズの場合

  1. 電源が切れた状態で、[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。

  3. BIOS画面が表示されるので、キーボードの[→](右矢印)キーを押して[Advanced]メニューを選択します。

  4. [↓](下矢印)キーを押して[Wake On LAN from Power Off]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。

  5. [↑][↓](上下矢印)キーを押して[Enabled]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。

  6. [→](右矢印)キーを押して[Exit]メニューを選択します。

  7. [↓](下矢印)キーを押して[Exit Setup]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。

  8. 「Save configuration changes and exit now?」とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、[Enter]キーを押します。

  9. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[終了してWindows を起動する]を選択します。

  10. Windowsが起動したら、[デバイスマネージャー]を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 10] [デバイス マネージャー] 画面を表示する方法
    [Windows 8.1] [デバイス マネージャー]画面を開く方法

  11. [デバイスマネージャー]画面が表示されるので、[ネットワークアダプター]をダブルクリックします。

  12. 使用するネットワークアダプターのドライバー名を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    ※ご使用のモデルによりネットワークアダプターの表記は異なります。

  13. ネットワークアダプターのプロパティー画面が表示されるので、[詳細設定]タブをクリックし、[ウェイク・オン・マジック・パケット]、もしくは[Wake On Magic Packet]の項目を選択し、[有効]に設定します。

  14. 続いて[電源の管理]タブをクリックし、[このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする]と[Magic Packet でのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする]にチェックをつけます。

  15. [OK]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


JF152*シリーズ以外の機種の場合

  1. 電源が切れた状態で、キーボードの[F3]もしくは[F4]ボタンを押しながら電源ボタンを押します。
    ※VJA121*シリーズ、VJPA11*シリーズ はキーボード利用時であっても音量ボタンの「+」もしくは「-」ボタンを押しながら電源ボタンを押します。

  2. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[BIOS 設定を起動]を選択します。

  3. BIOS画面が表示されるので、キーボードの[↓]キーを押して[Device Restrictions]メニューを選択します。 ※マウスカーソルが表示されている場合は、タッチパッド/マウス操作でも操作可能です。

  4. [→]キーを押して[Wake On LAN from Power Off]の項目を選択し、[Enter]キーを押します。

  5. [↑][↓]キーを押して[Enabled]の項目を選択します。

  6. [↓]キー、[→]キーを押して下部にある[Save]ボタンを選択し、[Enter]キーを押します。

  7. 「Setup Confirmation?」とメッセージが表示されるので、[Yes]を選択し、下部にある[Exit]を選択し、「Setup Confirmation?」と表示されたら「Yes」を選択します。

  8. [VAIO レスキューモード]画面が表示されるので、[終了してWindows を起動する]を選択します。

  9. Windowsが起動したら、[デバイスマネージャー]を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 10] [デバイス マネージャー] 画面を表示する方法
    [Windows 8.1] [デバイス マネージャー]画面を開く方法

  10. [デバイスマネージャー]画面が表示されるので、[ネットワークアダプター]をダブルクリックします。

  11. 使用するネットワークアダプターのドライバー名を右クリックし、[プロパティ]をクリックします。
    ※ご使用のモデルによりネットワークアダプターの表記は異なります。

  12. ネットワークアダプターのプロパティー画面が表示されるので、[詳細設定]タブをクリックし、[ウェイク・オン・マジック・パケット]、もしくは[Wake On Magic Packet]の項目を選択し、[有効]に設定します。

  13. 続いて[電源の管理]タブをクリックし、[このデバイスで、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする]と[Magic Packet でのみ、コンピューターのスタンバイ状態を解除できるようにする]にチェックをつけます。

  14. [OK]ボタンをクリックします。

以上で操作は完了です。

▼関連Q&A:
[Windows 8.1][Windows 10] スリープ、またはスタンバイからのWake on LAN機能を使用可能にする方法


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム