[Windows 11] タスクバーの設定について

目次

対象

Windows 11

説明

Windows 11 のタスクバーは、従来は左寄せだったスタートボタンが初期状態ではタスクバーの中央に配置されています。(設定で左寄せにすることも可能です)
また、従来ではタスクバーはウインドウの上下左右に動かすことができましたが、Windows 11 では、タスクバーはウインドウの下部に固定され、動かすことはできません。
タスクバーに関する設定は、設定画面から行います。

目次へ戻る


操作方法

タスクバーに表示されるボタンを表示/非表示にする

  1. 「設定」画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 11] 「設定」画面を表示する方法

  2. 画面左のメニューから「個人用設定」を選択して、画面右側のメニューから「タスクバー」を選択します。
    設定項目のカテゴリが4つあり、アイコンの表示/非表示など、タスクバーに関する設定をここで行う事ができます。

    • 「タスク バー項目」
      「検索」「タスク ビュー」「ウィジェット」「チャット」の項目のオン・オフを切り替えます。

    • 「タスク バーのコーナーアイコン」
      表示したい項目のオン・オフを切り替えます。

    • タスク バーコーナーのオーバーフロー
      タスク バーにあるマークをクリックした場合に表示されるオーバーフローメニューの中にあるアイコンを、タスクバー上に直接表示させるかどうかの設定ができます。
      全てオンにするとマークは非表示になります。

    • タスク バーの動作
      スタートボタンなどの配置変更や、タスクバー右端にデスクトップ表示ボタンを配置するかどうかなどの設定ができます。

以上で操作は完了です。

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    お問い合わせフォーム