[VAIO_PC] ファンの音が大きい

バックグラウンドで重い処理が実行されていないか、通気口付近やご利用環境(夏場などは室内温度)などを確認してください

対象製品

VAIO PC全般

説明

異音など特徴的な音ではないが、とにかくファンの音が大きく、うるさいと感じられる場合は、以下の対処方法をお試しください。

【事前確認】

「VAIOレスキューモード」を起動している際はファンが高速回転しますが、これは正常な挙動です。
Windows を起動した状態でファンの音がうるさく感じられる場合は、以下の対処方法をご確認ください。

対処方法

バックグラウンドで重い処理が実行されていないか確認してください

画面上では何もしていないように見えても、実際には重い処理が実行され、CPU使用率が高くなっていることも考えられます。
(例:自動メンテナンス、Windows Updateなど)

▼関連Q&A:
[VAIO_PC] PCにどのくらいの負荷がかかっているかを確認する方法

具体的にどのようなアプリや処理が動いているかは、タスクマネージャーから確認、停止することができます。

タスクマネージャーで確認し、起動中のアプリを強制終了させる際は、保存をしていないデータは失われることがあります。
作業中のデータがある場合は、可能であれば保存をしてから、以下の操作をお試しください。

また、アプリによっては、終了させることでPCの動作に影響を及ぼすことがありますのでご注意ください。

  1. [タスク マネージャー]画面を表示します。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 10]「タスク マネージャー」画面を表示する方法
    [Windows 8.1]「タスク マネージャー」画面を表示する方法

  2. [タスクマネージャー]画面が表示されるので、左下にある[詳細]ボタンを選択します。
  3. [プロセス]タブのCPU項目で、数値が高いアプリがないかを確認します。
  4. 一覧にCPUを占有しているアプリがある場合は、そのアプリ名を選択して、[タスクの終了]ボタンを選択します。
  5. 上記手順でCPU使用率の高かったアプリを終了させた状態で、問題が改善しているかを確認します。
    改善された場合は、そのアプリが問題を引き起こしていた可能性があります。

目次へ戻る


ファンの動作の設定を確認してください

VAIOにプリインストールされている「VAIOの設定」の「CPUとファン」の設定をご確認ください。
標準の放熱設定よりも冷却能力を上げる設定が選択されていると、冷却ファンの回転が速くなり、音が大きく感じられるようになります。

下記の関連Q&Aをご参照ください。

▼関連Q&A:
[Windows 8.1][Windows 10] 「VAIOの設定」を起動する方法

ファンの制御には以下の設定項目があります。お客様のご使用状況にあわせ設定を変更してください。

  • 「パフォーマンス優先」が選択されている場合
    パフォーマンスを優先させるため、ファンの回転速度が高めになり、ファンの音が大きくなります。
  • 「標準」が選択されている場合
    一時的に高い負荷がかかる作業に対しても高いパフォーマンスで動作します。
    パフォーマンスと静かさのバランスがとれた設定です。
  • 「静かさ優先」が選択されている場合
    この設定は、CPUのパフォーマンスを制御することにより、ファンの回転速度を下げて動作します。

【参考情報】

ファンの設定を「静かさ優先」に設定した場合でも、負荷が掛かる状況になった際は、ファンが高速回転し、音が気になることも発生します。
その場合は、以下の方法でプロセッサ、またはグラフィックのパフォーマンスを落とし、調整のうえでご様子を見てください。

  1. [コントロール パネル]画面を表示します。

    ▼関連Q&A;
    [Windows 10] 「設定」と「コントロールパネル」画面を表示する方法
    [Windows 8.1] [コントロール パネル]画面を表示する方法

  2. [コントロール パネル]画面で [ハードウェアとサウンド]を選択します。
  3. [ハードウェアとサウンド]画面が表示されるので、[電源オプション]を選択します。
  4. 現在選択されている電源プランに表示されている「プラン設定の変更」を選択します。
  5. 「プラン設定の変更」画面が表示されるので、「詳細な電源設定の変更」のリンクを選択します。
  6. 「電源オプション」の小画面が表示されるので、一覧の中から「プロセッサの電源管理」左側にある「+」ボタンをクリックします。
  7. さらに項目が表示されるので、その中から「最大のプロセッサの状態」の「+」ボタンをクリックします。
  8. バッテリ駆動:100%、電源に接続:100% と表示されるので「100%」の文字をクリックして数値を調整します。

    ※初期値は100% となっていますので、これを 99% に設定し、ファンの音が改善するかどうかをご確認いただき、必要に応じて徐々に数値を下げてください。
  9. 上記の設定で、CPUパフォーマンスを下げてもファンの回転があまり下がらない場合は、プロセッサよりもグラフィックスの方が負荷が大きい可能性もあります。
    その場合「電源オプション」の同じメニューの中に「Intel(R) Graphics Settings」もしくは「インテル(R)グラフィックス」の「+」をクリックします。
    配下に表示される「Intel(R) Graphics Power Plan」もしくは「インテル(R)グラフィックス電源プラン」バッテリ駆動:バランス(Ballanced)、電源に接続:バランス(Ballanced) となっている(初期値)の各設定を「Maximum Battery Life」もしくは「最長バッテリー駆動時間」へ変更し、その後の挙動を確認してください。

    ※ご利用のモデルによっては、この設定項目がない場合もあります。

目次へ戻る


吸気口や排気口がふさがっていないか確認してください

毛布やクッションの上で使用したり、カバーを掛けたまま動作させるなど、吸気口や排気口をふさいだ状態で使用されますと、装置内の熱を排出できず本体温度が上昇します。そのような使用はお控えください。


排気口付近にほこりがたまっていないか確認してください

排気口付近や内部にほこりが堆積すると、いくらファンを回しても本体から風を送り出せなくなることがあります。
本体の電源を切り、排気口の外から軽くブロア等でほこりを吹き飛ばすことにより改善することがあります。

* 必ず電源を切った状態で実施してください。また強く吹きすぎると冷却ファンに損傷を与える場合がありますので、くれぐれもご注意ください。

夏場に多くなりますが、部屋の温度が暑い場合なども快適にお使いいただけるよう、室温が暑くても冷却ファンの回転を早くして内部を冷却する場合があります。
温度が下がれば通常のファン回転数に落ちます。

▼関連Q&A:
[VAIO_PC] 夏場におこりやすいトラブル(熱、落雷)への対策

ただし、室温も低く、CPUの負荷も高くないのに、電源投入直後からファンが高速で回転する場合は以下のことが考えられます。
この場合、VAIOサポートセンター「修理相談窓口」までご連絡ください。

  • センサーの故障
    VAIOは本体内部に温度センサーを持っており、この情報を元に冷却ファンの回転速度を変化させています。
    センサーが故障するなどして正しい温度が取得できなくなった場合、冷却ファンが高速で回り続けます。
  • (ファン以外の)冷却部品が損傷している
    VAIOは内部で発生した熱を効率的に冷却するため、ヒートパイプ、受熱板、放熱フィンなどの冷却部品がありますが、これらに問題が発生すると、冷却ファンが高速で回り続けます。

修理のご相談

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム