[Windows 8.1] リカバリー(再セットアップ・初期化)を行う方法


  • 注意事項

  • VJZ12A*シリーズでワイヤレスキーボードをUSBケーブルで接続した状態でリカバリーを実行すると、リカバリー後にキーボードが正常に動作しなくなる場合があるため
    リカバリー実行時は、ワイヤレスキーボードをUSBケーブルで接続しないでください。
  • リカバリーを実行すると、データは失われてしまいます。必要なデータがある場合は、事前に必ずデータのバックアップを行ってください。
    PCの動作が不安定になった場合は、PCのリフレッシュを実行することで解決できる場合もあります。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] PCのリフレッシュの操作方法・注意事項
  • Windows 8.1モデル(Windows 10 Proライセンス付)は、工場出荷時のみ、Windows 10のリカバリーデータがインストールされています。
    リカバリーを行う前に、必ず、Windows 10のリカバリーメディアを作成してください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] Windows 8.1(Windows 10ライセンス付)モデルのリカバリーメディアを作成する方法 

  • 事前にリカバリーメディアを作成することをおすすめします。
    下記のような操作を行った場合に、ハードディスク/SSDのリカバリー領域の情報が書き 換わってしまい、ハードディスク/SSDのリカバリー領域からリカバリーができなくなる こと があります。

    ・パーティションを操作するアプリを使用する
    ・出荷時以外のOSをインストールする
  • リカバリーに必要な機器や電源ケーブルを除くすべての周辺機器を、PCから取りはずしてください。
  • 音楽再生アプリで管理している音楽データや、 地上デジタル放送 (地デジ)のデータなど、著作権保護されているデータは、リカバリーを行うと、以前と同じ場所に保存されていても、再生できない場合があります。 事前にアプリのヘルプファイルなどを参照してご確認ください。
  • InstantGo対応モデルは、リカバリーをする前に、必ずデバイスの暗号化を無効にしてください。
    デバイスの暗号化を行ったままリカバリーをすると、暗号化したデータを読み取れなくなります。

    ▼関連Q&A:
    [VAIO_PC] デバイスの暗号化について

  • TPMセキュリティーチップが搭載されたモデルの場合は、リカバリーをする前に、必ず暗号化したデータを復号化してからバックアップを行ってください。
    TPM機能を使用し、暗号化を行ったままリカバリーをすると、暗号化したデータを読み取れなくなります。

    Windowsが起動しないなどの理由で、バックアップがとれない場合は、システムバックアップアーカイブや緊急時復元用トークンなどを使用して、TPMの設定を復元してください。
    なお、復元できなくなったデータは読み取れませんので、ご注意ください。

    ▼関連Q&A:
    [VAIO_PC] TPM機能を使用する場合の注意事項

  • Windowsの暗号化機能を使用し、暗号化を行ったままリカバリーを実行すると、暗号化したデータを読み取れなくなります。
    リカバリーをする前に、必ず暗号化を解除してください。
    なお、復元できなくなったデータは読み取れせんので、ご注意ください。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] ファイルやフォルダーを暗号化する方法

  • リカバリー領域からリカバリーできない場合は、お客様が事前に作成したリカバリーメディアからのリカバリーが必要となります。
    事前にリカバリーメディアを作成していない場合、リカバリーメディアを購入したり、有償による修理が必要となるため、あらかじめリカバリーメディアを作成することをおすすめします。

    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] リカバリーメディアを作成する方法
  • 「Office」をご使用の場合は、PCをリカバリーした後にインストール、およびライセンス 認証を行う必要があります。インストール、およびライセンス認証を行うには、プロダクトキー が必要です。プロダクトキーは、同梱されているプロダクトキーカードに記載されています。

    ▼関連Q&A:
    [Office 2013] Office 2013 のインストール方法
    [Office 2016] Office 2016 のインストール方法
    [Office Premium] Office Premiumの概要・操作方法・再インストール方法
  • リカバリーには下記の種類があります。

    • お買い上げ時の状態にリカバリー
      PCをお買い上げ時の状態に戻します。
      お買い上げ後に作成したファイルはすべて削除されます。
    • Cドライブのみリカバリーする
      Cドライブのみをリカバリーします。
      お買い上げ後に作成したCドライブのファイルはすべて削除されますが、Cドライブ以外のデータは削除されずに残ります。なお、パーティションを操作するアプリを使用している場合、出荷時以外のOSをインストールしている場合、深刻なトラブルが生じている場合は、Cドライブのみのリカバリーができない場合があります。
      重要なデータは外部のメディア等にバックアップしてからリカバリーを行ってください。
     
  • Windowsが起動しない状態からリカバリーを行う場合は、下記の関連Q&Aを参照してください。  
      
    ▼関連Q&A:
    [Windows 8.1] Windowsが起動しない状態からリカバリー(再セットアップ・初期化)を行う方法
    [Windows 8.1] リカバリーメディアを使用してリカバリー(再セットアップ・初期化)をする方法 

目次へ戻る


  • 操作方法

画面の右上隅に マウスポインター を合わせて( タッチパネル の場合は画面の右端から スワイプ して)、表示された チャーム から[設定]を選択します。  

  1. [設定]チャームが表示されるので、[PC設定の変更]を選択します。

  2. [PC設定]画面が表示されるので、[保守と管理]を選択します。

  3. [保守と管理]の画面が表示されるので、[回復]を選択します。

  4.  [すべてを削除して Windows を再インストールする]の[開始する]ボタンを選択します。

    PC初期化1

  5. PCを初期状態に戻す説明が表示されるので、[次へ]ボタンを選択します。

    PC初期化2

  6. パーティションを分割している場合は、「PCに複数のドライブがあります」と表示されるので、以下のいずれかを選択してください。

    PC初期化3

    • Cドライブのみリカバリーする場合
      [Windows がインストールされているドライブのみ]を選択してください。

    • すべてのドライブのデータを削除する場合
      [すべてのドライブ]を選択してください。

  7. 「ドライブを完全にクリーンアップしますか?」と表示されるので、[ファイルの削除のみを行う]ボタンを選択します。

    PC初期化4

    • PCをリサイクルする場合は、[ドライブを完全にクリーンアップする]を選択します。この場合処理に数時間かかることがあります。

  8.  [PC を初期状態に戻す準備ができました]と表示されるので、[初期状態に戻す]ボタンを選択します。

    PC初期化5

  9.  Windowsが再起動し、リカバリーが開始されるので、しばらく待ちます。

     ※ご使用のモデルにより、数分~数十分かかります。
    電源を切らずにそのままお待ちください。

  10. 数回Windowsが再起動した後、[Windowsセットアップ]画面が表示されます。

【注意事項】


リカバリー完了後、Windowsが再起動するときに「TPM configuration change was required toState:」という画面が表示された場合は、[Reject]を選択してEnterキーを押してください。

関連Q&A:
[Windows 8.1] Windows初期設定の方法

目次へ戻る


フィードバックいただいた内容は、コンテンツの品質向上目的のみに活用させていただきます。
返信等は行っておりませんのでご了承ください。
お問い合わせにつきましてはWebフォームからお申し込みください。

関連FAQ


    LINEで送る
    お問い合わせフォーム